TOP Beauty cosme > Column > 部分的に変えるのがコツ!混合肌の洗顔&クレンジング法

部分的に変えるのがコツ!混合肌の洗顔&クレンジング法

2014/09/12

混合肌は部位に合わせたケアが必要です。間違ったケアを続けてしまうと毛穴が目立ったり、ニキビができやすかったりと、常に肌トラブルの絶えない状態になってしまいます。 「私、混合肌かも?」 「ケアしているのによくならない・・・」 というあなたは、自分の肌をしっかり把握して、混合肌の正しいクレンジングと洗顔を学びましょう。

クレンジングは、あくまでメークを落とすのが目的

クレンジングは、お化粧を落とすのが目的です。洗浄力の強いものは、必要な皮脂まで落としてしまうので肌に負担をかけてしまいます。まずは自分のメークの濃さに合わせたクレンジング剤を選びましょう。そして、部分的にメークの濃い部分は、他よりもやや多めに洗い上げて落とすようにしてください。

最近は洗浄力の強いオイルクレンジングを使い、メークを落とすついでに、汚れや皮脂まで一緒に落とそうとする方がいます。これでは肌質に合せた洗い方ができず、肌トラブルを招いてしまいます。

ここからが本番!肌質に合せた洗顔方法

メークを落とした後は、いよいよ洗顔です。肌質に合わせた洗い方が重要になるのがここです。

Tゾーンなどオイリーな部分は、余分な皮脂が残らないように。Uゾーンなど乾燥したり敏感な部位は、必要な皮脂まで落とさないように。このバランスをつかむことが、洗顔のポイントになります。洗顔料は固形石鹸などの乾燥肌にやさしいタイプを優先します。そして、手でこするのではなく、泡でやさしくなでるように洗うこと。

オイリーな部分はベタつくからと、強めに洗ったりしまいがちですが、皮脂を落としすぎては余計に分泌を促してしまいます。ちょっと足りないかな?というくらいの気持ちで洗いましょう。

乾燥する部位は、皮脂の分泌が少ないので落とし過ぎに注意。泡を乗せたら、ササッと洗います。乾燥がひどい場合は、ぬるま湯ですすぐだけで十分です。

洗顔後、顔がつっぱりを感じたら、それは落としすぎのサインです。コツをつかむまで、どの程度洗うかの加減を調整していきましょう。

混合肌とうまく付き合っていくこと

混合肌で一番多いのは「脂性と乾燥」のコンビですが、その度合いや部位は人それぞれです。普段のケアで変わってくるだけでなく、ホルモンバランスが不安定になっていたり、紫外線による影響やストレスなど精神的なものが原因になっている場合があります。

ある意味で気まぐれな感じが大変ではありますが、自分のお肌を知る良い機会ですし、しっかり把握できれば自分に合ったスキンケア商品を見つけやすくなります。

西麻布ヒフ・形成外科 院長  藤井佳苗

美しい素肌を目指し、患者様ひとりひとりに適したスキンケアアドバイスや治療を行っております。患者様が笑顔でお過ごしいただけるよう、専門医の技術を生かした高水準の美容医療を提供いたします。お悩みはお気軽にご相談ください。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube