TOP Beauty cosme > Column > 女のキホン!エステの前後で施術の効果を最大に引き出すポイント

女のキホン!エステの前後で施術の効果を最大に引き出すポイント

2014/09/22

夏の暑さが落ち着きだす頃、エステサロンでは夏にダメージを受けたお肌やボディのケアに予約が増え始めます。そこで今回はエステの前後にすると施術の効果がUPするポイントをいくつかご紹介したいと思います。

施術の効果がUPするポイントって?

【エステ前】

エステでのトリートメントはホームケアよりも刺激が強いことも多いので、前日に施術箇所をシェービングするのは避けましょう。同じようにピーリング等の角質ケアも重複してしまうと肌に負担となります。出来る限り普段通りのスキンケアをして過ごしてください。

また、過度の飲酒や薬の服用は施術の効果が出にくいばかりか、場合によっては危険も伴うため前日は避けるようにしましょう。

エステ後の代謝を補助するためにも、前日から良い水分をしっかりと補給することも大切です。利尿作用のあるカフェインを含んだお茶やコーヒーよりも、お水で水分補給することをおすすめします。

【エステ中】

エステではいつもぐっすり寝てしまう…という方。実はそれはもったいないかもしれません!もしそのトリートメントがマシンを使っている場合、とりわけ痩身エステでのマシンの場合は起きていた方が実は効果がでやすいのです。

人間は寝ている時には副交感神経という安静の神経が働きますので、できるだけ消費をしないようにコントロールされています。肌や身体を活性してくれるマシンを使用するときには、反対に活動の神経である交感神経を優位にしておく方が代謝や消費が早くなります。

フェイシャルやリラクゼーション目的のマッサージの時には少しウトウトというα波、それを超えてθ波が出ている状態が一番化粧品の吸収率を高めてくれます。

私のサロンでもマシントリートメントが終わるまではお客様とお話をしながら、マッサージとパックに入ったら照明を落としお声かけをなるべく減らし、眠りやすいようにして調整をしています。

【エステ後】

ボディでもフェイシャルでも、施術直後というのは身体のめぐりがとても良い状態です。

できるだけ水分を摂って、そのめぐりを助けてあげるようにしましょう。施術後はハーブティやお水を提供しているサロンも多いと思います。それはおもてなしの意味だけでなくサロン毎にこだわりや効果を考えていることもあるので是非召し上がってください。

反面、栄養の吸収率もいいので高カロリーな食事や糖質・脂質・化学添加物があまりにも多いものは避けるべきです。アルコールもいつもよりもまわりやすくなりますのでエステ後は避けましょう。エステ後は意外とお腹が空くものですが、2時間程度はしっかりとした食事は控えられるように調整しておくといいですね。

せっかくのサロンケアなので、前後のポイントを押さえて効果を最大限に引き出してみてください。

シデスコインターナショナルエステティシャン  平賀さやか

サロンワークの傍ら、美容専門学校非常勤講師や美容サイトのコラム執筆を担当。幼少期から15年以上新体操を続け、自身の怪我やダイエットなどから身体のことに興味をもったのがエステに出会うきっかけ。美しさを追求する競技を通じて、美しさも努力によって身につけことができることを実感しエステティックでそれを提唱している。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube