TOP Beauty cosme > Column > 美肌のカギはカルシウム!カルシウムが持つ美肌パワーとは

美肌のカギはカルシウム!カルシウムが持つ美肌パワーとは

2014/09/26

健康美とは

健康美と言う言葉を聞いたことがありますか?

不健康な人は顔が青白いとか、張りのない皮膚をしているのは解りますよね?私たちは赤ちゃんの時、みずみずしい皮膚で産まれ、枯れて死んでいきます。この枯れた皮膚は、しわっぽく、張りがなく、つやもなく、いかにも健康そうとは言えません。では、逆に、張りがあり、しわがなく、色つやの良い皮膚の人は健康そうですね。

時々、年齢不詳なぷりぷりな皮膚の人がいますが、いかにも元気そうです。今回は、健康で美しい皮膚を保つために一番重要なことをお話します。

健康で美しい皮膚を保つために一番重要なこと

健康で美しい皮膚を保つために一番重要なこと、それはズバリ!「体の土台である、丈夫な骨をつくること」です。「そのために骨の材料、カルシウムをしっかり摂取する事」が大切です。身体の根本がしっかりしていなければ、どんな高価なクリームを皮膚に塗っても対処療法というもの。

その証拠に、重症のアトピーさんでさえ、骨がしっかりしてくると、素晴らしくきれいな皮膚に変身するのです。しっかりした骨をもっている人の皮膚は丈夫で、健康美に溢れています。カルシウム(骨)と皮膚には、とても深いつながりがあるのです。

日本人がカルシウム不足な理由

この大事なカルシウムが、日本は火山国なので土壌は火成岩が多く、カルシウムが多くありません。土にカルシウムがなければ、そこに成る野菜にもカルシウムは少ないことになります。当然、その土壌から涌き出す水にもカルシウムは少ないのです。

だから私たちは意識して、小魚、ゴマ、小松菜等を積極的にとらなければなりません。(ちなみに牛乳は、日本人の腸に乳糖を分解する酵素がないので、適していませんよ! 逆に腸が冷えてしまいます。)

さらに気をつけないとならないのは、「現代の食事はカルシウムを奪い取るものが多い」という点です。

なんと、加工食品によく使われるリン(リン酸塩)はカルシウムと結びつきやすく、大量に摂取するとリン酸カルシウムとなって、そのまま体から排泄されてしまうのです。リンはハムやソーセージ、インスタントラーメンなど、様々な食品に含まれています。

ただでさえカルシウムが足りない土壌の国なのに、加工食品でどんどんカルシウムを吸い取られる現代食事情。日本では、よくよく注意しないと、若くても万年カルシウム不足で骨がスカスカになり、皮膚の老化は早くやってきます。カルシウム不足は、老人だけの話ではありません。

美肌はもちろん、疲れやすい等、漠然とした未病の症状改善や、生きて行くパワーを養うためにも、食べ物からのカルシウムの摂取を積極的に心がけてくださいね。

食養指導士  笛木紀子

赤坂溜池クリニックにて食養指導、神奈川大学陸上競技部統括健康管理指導を行う。岡山大学名誉教授田中英彦氏・倉敷芸術化学大学副学長教授川上雅之氏らと共同研究を行うなど活躍中。著書多数。自身や息子のアトピーの改善から、食養指導などを通しアトピーで苦しんでいる人を改善へと導く活動を行う。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube