TOP Beauty cosme > Column > 顔だけ古くない?メイクもそろそろアップデートの時期です!

顔だけ古くない?メイクもそろそろアップデートの時期です!

2014/10/17

ずっと同じメイクしてない?

服のトレンドはくるくる変わる。たとえば、ヒラヒラのいかにも可愛いスカートにブーツ、なんて永遠の鉄板スタイルかと思いきや、今や主流のファッション雑誌にそんなスタイルは一切載っていない。

エレガント路線を残しつつも基本はラフで、スポーティーミックスなファッションスタイルが定番化しつつあり、そんな流れを見落とさずに女性はトレンドのファッションに身を包む。

では、メイクはどうだろう?そのメイク、最後に変えたのはいつ頃だろう?ファッションと違って、メイクはガラリと変えるものではないからこそ、地味なアップデートを絶え間なく繰り返さなくてはならないのだ。

メイクを変えるのは意外と大変なもの

たとえば目元。服がまだまだガーリィ路線が主流のひとつであった時代、つけまつ毛は大ブームを迎えた。「目元は盛る」が当たり前。

しかし今や、ファッション誌での撮影に立ち会う際、フルのつけまつげを付けてアイライナーも引いて…なんてメイクにはほぼ出会わない。服がラフになっていくにつれメイクも抜け感が重視され、バッチリメイクがなんだか時代錯誤になってきてしまった。

だが、「濃いものを薄くする」のは勇気がいるものだ。スッピンに近付けていくようで、なんだか物足りなさを感じてどうしてもいつもと同じようなメイクになってしまう…なんて人もいるはず。大胆にメイクをアップデートするのは勇気がいる。だからこそ、まずはプチアップデートからはじめてみることをオススメしたい。

コスメがなくなった時や時間のある日は、アップデートのチャンス

今使っているコスメがなくなったら、同じような色を買うのではなく、まずはファッション誌やビューティ誌をチェックしてみよう。さて、そのファッションに合うチークは何色だろう。眉はその形でいいのだろうか。

ちょっと時間があるとき、メイクしながら「これってこうするとどうなるんだろう」と、いつものやり方にほんのちょっと疑問を持ちながら行うことで、女性は日々進化する。

もちろん、似合う・似合わない、好き・嫌いは大切にしつつも、ファッションをチェックするようにメイクのトレンドも同時にチェックして「ほんのちょっと変える」を繰り返すことで全身のバランスがさらにアップして雰囲気がぐっとオシャレになるはずだ。

さぁ、プチアップデート、そろそろスタートしてみてはいかがだろう。

ビューティープランナー  梅野利奈

外資系経営コンサルティング会社を経て、化粧品会社でマーケティング・商品開発に携わり独立。美容雑誌やファッション誌での執筆を中心に美容ライターとして活躍する傍ら、ビューティープランナーとしてセミナー活動などもおこなっている。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube