TOP Beauty cosme > Column > 首&肩をあたため、くすみ・むくみのない美肌小顔に

首&肩をあたため、くすみ・むくみのない美肌小顔に

2014/11/14

首・肩が凝るとこんなに損!

パソコンやスマホなどで目をよく使う方、考え事が多くて頭をよく使う方、運動不足、重いものをよく持つ等々、首・肩が凝る原因は色々ありますが、現代人ならどれか一つは当てはまりそうですよね。

頭に近いところが辛いと、考えがまとまりにくくなりますし、気分も冴えません。それにお顔まわりの老廃物が流れにくくなるので、むくみがとれなくて顔は大きくなって、お肌もなんだかブヨッとした感じになりますし、顔色もさえなくてくすんでしまいます。

目の周りにクマが出来やすい方でしたら、そのクマはますます消えにくくなりますし、吹き出物も出来やすくなります。あまり知られていませんが、リンパの流れが悪くなると、シワやたるみも出来やすくなります。まさに「百害あって一利なし」ですね。

お顔のケアのついでに首・肩もケア

「忙しくてマッサージや運動はできない!」という方でも、お顔のスキンケアは朝晩されている方がほとんどかと思います。そのスキンケアの際、つまり、乳液、クリーム、ゲル、オイルなどの保湿製品をお顔につける時間を利用して、首・肩のケアもしてしまいましょう。

クリームなどをお顔になじませたあと、お顔に付けた量と同じくらいの量をもう一度手にとり、首や肩などの凝っているところから鎖骨にかけてなじませます。

次に、その凝っている部分から、鎖骨に向かって何回か優しくさすります。そして凝っている部分を指先でやさしくつまみます。(首はデリケートな場所なので、痛みがある場所は避けてください)仕上げにもう一度凝っている部分から、鎖骨に向かって何回か優しくさすります。

この時、特にオススメなのはエッセンシャルオイル(精油)が配合されているスキンケア製品!

植物エキスでもタップリ配合されていれば効果は高いのですが、一般的にはエッセンシャルオイルの方がパワフルなので、こういったケアにはとてもオススメ。エッセンシャルオイルは毛穴から浸透し、血管を伝わって全身をめぐり、マッサージの効果を高めると言われていますので、マッサージというほどの事をしなくても軽くお肌をなでつけるようにするだけでもOK!

その時あまり感じなくても、スキンケアの後からジワジワと効いてきますので是非試してみてください。

こんなひと手間で簡単にほぐれる

実はほとんどの女性が、「冷え」に苦労しています。自覚症状があって気を付けているならまだ良いのですが、あまり自分では分かっていないけれど、実は冷えのために様々な症状(夜何回もお手洗いに行ってしまう、肌がくすむ、疲れやすい、肩こりなど)に悩まされている方がとっても多いです。

一番のオススメは湯たんぽ!お顔のお手入れのときに、太ももの上にポンと置いてからケアすると、ビックリするくらい効果が高まります。太ももにある「血海」という婦人科系によく効くツボが温められるので効果が上がるようです。

ちなみに私が愛用しているのは一般の湯たんぽではなく氷のう。(6個セットで2千円ちょっとのシンプルなもの)氷のう用なので熱湯は入れられないのですが、水道から出てくる一番熱い温度のお湯を入れるだけなのでとっても楽。内ももにぴったりフィットしてとても気持ち良いですよ。

オーガニック化粧品スペシャリスト  関根千恵

日本企画オーガニック化粧品「ミッシェルビオ」の開発者。 植物の効果を化粧品とエステティック技術に取り入れるプロで、肌本来の力を引き出すことで効果をあげることを信条としている。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube