TOP Beauty cosme > Column > 緊急対策!メイクを落とさずに寝てしまった翌日にすべきこと

緊急対策!メイクを落とさずに寝てしまった翌日にすべきこと

2014/11/20

皮脂が多い方がメイクを落とさず寝てしまったら…起きたとき、日焼けをしたのかなぁっ?っと、思うぐらい黒ずんだお肌になってしまいます。

理想は毎日、22時までにはメイクを落として、半身浴でもして、デトックスティーを飲み、アロマを焚いてみてください。しかし、なかなか忙しくてそんな風に過ごせる方は少数派です。

これから年末にかけて、更に忙しくなる方が多いかと思います。そして、寒くなってきますので、コタツの中から出てこられなくなり、そのまま寝てしまうと言うこともありますよね?

起きたときの鏡を見た時、黒ずんだご自身のお肌にビックリしてしまいます。

なぜメイクを落とさないで寝ると顔が黒くなる?

何故、一日でもメイクを落とさずに寝たら、お肌が黒くなってしまうのでしょうか?この時期は、寒くなってくるので血行も悪くなり、汗もかきにくくなります。そのため、くすみが増してきます。

症状としては、すっぴんになると顔色が悪い、メイクの色が冴えない状態になります。その上にメイクの汚れとご自身の皮脂汚れがそのままなので、酸化して黒くなり、さらに皮膚表面が固まって硬くなり血行をさらに悪くしてしまいます。そのため、黒ずんだお肌になってしまうのです。

メイクを落とさず寝てしまった時の対処法

メイクを落とさず寝てしまった時の対処法をお教えしますね!まずはメイク汚れとご自分の皮脂が多くお肌表面にのっているため、いつもより多めのクレンジングと洗顔で、しっかりと汚れを取り除きましょう。

血行が悪くなってしまっているので、体を温めて血行を良くしましょう。お顔が硬くなっているので、しっかりと血行を良くして、お肌をやわらかく保ちましょう。そうすることで、メイクをしたまま寝てしまったとき、お肌を挽回することにつながります。

そして、何よりも悪い習慣にならないように、出来る限り外から帰ってきたら、メイクを落とす習慣をつけてください。

3週間も続けていただければ、もうメイクを落とさないで寝ることから逃れます。そして、ご自身のなりたいお肌状態を描いて、日々のお手入れの積み重ねをしていき綺麗なお肌を保っていただきたいです。応援しています。

※きちんとメイクも落として洗顔も行っているのに肌トラブルが多い方は「洗っているのに二キビがどうして増えるの?」をチェックしてください。

美肌コンサルタント  都倉説子

セルビックサロンにてスキンケアスタイリストとして活動。日々、女性のお肌の悩み、化粧品に関する不安や疑問などの解消、相談にのっている。自身も10代から20代にかけて、ニキビに悩まされた経験がある。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube