TOP Beauty cosme > Column > 冬の乾燥によるシワを撃退するポイント5つ

冬の乾燥によるシワを撃退するポイント5つ

2014/11/28

湿度が下がり、乾燥の気になる季節になってきました。お肌の乾燥は、加齢により肌の保湿力が落ちることによっても起こります。今回は乾燥によりシワができる理由と、その対策をご紹介します。しっかりケアをすれば、シワも気にならなくなってきます。

ホルモン低下に伴う保湿力の低下でシワができる

女性の肌は、ホルモンの関係上20歳をピークに衰えていきます。女性ホルモンの分泌量が低下しはじめると、天然保湿成分が減少しその結果、肌の乾燥が始まります。天然保湿成分とは、角質層に存在すると言われている成分で、アミノ酸や尿素などで構成されており、角質層全体に潤いを与えています。 

乾燥により外部からの刺激が皮膚内部へ

肌が乾燥すると、肌の表面が乾き角質層に隙間が生じます。この隙間を通して表皮内の水分がうばわれ、外部からの紫外線も表皮内に影響を及ぼすことになり、その結果水分を失った表皮は硬くなり、シワができやすくなります。

乾燥によるシワ対策は保湿

そのため、シワを防ぐには表皮内に水分を補給することが必要となります。スキンケアとして次のことをしっかり行ってください。

(1)朝晩の洗顔で汚れを落とす
(2)洗顔後、化粧水の重ねづけで水分を補給する
(3)美容液でさらに保湿と肌に栄養を与える
(4)最後にオイルでフタをする
(5)スペシャルケアとして、ゴマージュにより古くなった角質を落とす

古くなった角質を落とし保湿成分を浸透しやすく

硬くなった表皮は肌代謝が落ちております。肌代謝はターンオーバーと関係します。ターンオーバーの周期は健康な肌でおよそ28日周期ですが、加齢やケア不足により周期が延びてきます。延びてしまったターンオーバーの周期を縮めるためには、古くなった角質を落とし、顔筋の流れに沿ってマッサージをし血行を促進することが必要になります。

私がお伝えしているケアは毎日の洗顔とゴマージュがイコールですが、普通の泡洗顔をしている場合には定期的に古い角質を落とすスペシャルケアを行ってください。ピーリング(薬剤で角質を取り除くこと)は医師の指導のもとに行う場合以外は肌を傷めてしまうことがあるため、ゴマージュ(植物の種など自然素材の微粒子で古い角質を落とすこと)がオススメです。

角質ケアの後は十分な保湿

角質を落とした後は、水分が失われやすくなっているので、十分な保湿をしてください。化粧水の重ねづけがおすすめです。肌の具合を確かめながら、化粧水を二度三度つけることで肌に十分な水分を補給するやり方です。それから美容液で栄養を補給し、オイル(スクワランオイルがオススメ)で水分が出ていかないようふたをします。

古くなった角質を落とす角質ケアを続けることで、遅くなっていたターンオーバーの周期が早くなり、肌が生まれ変わってきます。白くみずみずしく水分を含んだ肌になり、シワも気にならなくなります。根気よくお手入れを続けていきましょう。

まとめ

・加齢により肌の保湿力が落ちてくるので、スキンケアを意識しましょう
・保湿成分を浸透させるには古い角質を取り除くことが必要です
・古い角質を取り除くことで肌代謝も活発になります
・角質ケアとしてゴマージュをしましょう
・角質ケアの後はしっかり保湿を

素肌スペシャリスト  須藤泰子

2000年にエイミーアイムブランドを引き継ぐと共に、国内で数少ないゴマージュ手技を指導する【エイミービューティアカデミー】代表となる。2007年より海外へ施術指導を行いながら、日本の素晴らしいサービスの普及活動と同時に、女性就業支援や孤児院支援などのNPO活動も行っている。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事