TOP Beauty cosme > Column > たった3つのお手入れでパウダーファンデーションがキレイにのる

たった3つのお手入れでパウダーファンデーションがキレイにのる

2014/12/15

皆さん改めまして美容研究家・藤岡由起子です。いきなり寒くなりましたね。この時期のお肌のコンディションは乾燥したり、カサカサしたり、つっぱったり、化粧のりが最悪と嘆いている方も多いと思います。

今回はみなさんのそんなお悩みをサポートできるような、ファンデーションの付け方について紹介いたします。

肌荒れが気になるベースメイク

肌荒れを起こすと、とりあえず化粧水しかつけない方が多いとよく聞きます。肌に余計なものをのせない、いたってシンプルなお手入れ方法。でも私はちょっと違うと思います。

化粧水だけだとお肌の水分が蒸発してしまい、かえって乾燥しやすくしてしまいますし、肌を保護するものがなく紫外線からのダメージが直接的で、肌荒れを起してしまいます。

保湿成分が配合された美容液などで保湿力を高める事が大切です。水もしみてしまうほどの敏感肌は、ワセリンや肌への刺激が弱いクリームが良いです。

洗顔後、クリームやワセリンをつけるケアを数日続けて肌が回復してきたら、美容液をしっかりつける肌ケアをしていきましょう。肌がカサカサしている、肌荒れを起しているからと言ってメイクをしないのはよくありません。

冬の紫外線対策

紫外線ケアは一日も欠かさず行って欲しいです。といっても日焼け止めを塗るのではなく私の場合は、日焼け止めの代わりに美容液や油分の少ないクリーム、そしてパウダーファンデーションを必ずつけています。

なぜかと言いますと日焼け止めを塗らなくても十分パウダーファンデーションには、紫外線をカットする効果があるのです。紫外線ケアはそれだけで十分なのです。

私はいつもシンプルケア、そしてベースメイクは足していくより引いていく方が肌には断然良いと考えています。

きれいにパウダーファンデーションをつけるコツ

美容液やクリームを下地代わりに塗ると肌に透明感とハリがでますのでお手入れ方法として、おすすめです。

洗顔後、美容液やクリームを全体に塗ります。肌荒れがひどい時はクリームやワセリンをつけてもいいです。
それから肌が乾いたかな?というタイミングでパウダーファンデーションを塗っていきます。塗り方の注意点は、手でしっかりコントロールし、ほほから塗っていくことです。

パウダーファンデーションをいきなり塗ってもお肌にのらないと思っている方が多いと思いますが、土台さえしっかりしていたらのりますのでぜひ試してみて下さい。

パウダーファンデーションをクリームの次に塗るメリットとしては、お化粧が崩れにくなります。リキッドのようなテカリやくすみもなくなります。くずれたとしてもテッシュオフで元通りです。

まとめ

皆さんはなぜリキッドファンデーションを塗るのですか?きっと自分の肌にパウダーファンデーションが乗らないと思いこんでいるのです。しかし、正しい知識とお手入れ方法を変えるだけで、見違えるほど肌は変わります。

パウダーファンデーションに変えるだけで自分に自信の持てる肌になります。肌にとっては良いことばかりです。ぜひ今日からお手入れ方法を少し変えてみましょう。すぐに結果を求める方がいらっしゃいますが、お肌のお手入れ方法を変えた時からお肌の生まれ変わりは、28日プラス年齢分です。諦めずにまずは2か月はやって肌の経過をみてみましょう。

美は毎日の積み重ねでキレイになります。一緒にキレイになりましょう。上記の写真は下地やリキッドファンデーションは使用せず、パウダーファンデーションのみでメイクをしました。地肌を整えることでお化粧の乗りも良くなり、お化粧崩れもなくなりますのでぜひ試してみて下さい。

美容研究家  藤岡由起子

美容に興味を持ちエステサロン、化粧品メーカーで化粧品の勉強、販売を行う。その後、気軽に通える・自分が行きたくなるサロンというコンセプトをかかげ、お客様に寄り添ったエステサロン「Molti」を設立し、現在に至る。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube