TOP Beauty cosme > Column > フェイスローラーの正しい選び方・使い方

フェイスローラーの正しい選び方・使い方

2015/02/04

フェイスローラーの正しい選び方・使い方

フェイスローラーにはたくさんの種類があり、呼び名も「小顔ローラー」「ローラー美顔器」などさまざま。同様に材質もいくつか出揃っています。ここでは、フェイスローラーの材質に着目して、それぞれの特徴を解説していきます。

フェイスローラーの選び方

より効果を引き出すために、フェイスローラーのヘッド部分には金属などが使われていたりします。代表的な材質は、ゲルマニウム、プラチナ、チタン、セラミックです。自分に合ったフェイスローラーを選ぶためには、まずこれらの金属の効果を理解する必要があるでしょう。

ゲルマニウム

ゲルマニウムは金属と非金属の間のような物質です。32度以上になると通電する性質があるので、体温がおおよそ36度ある私たちの肌に当てると、マイナスイオンが生じます。

人の体内ではストレスなどによりプラスイオンが増加するとイオンバランスがプラスに傾き、酸素が足りなくなります。ゲルマニウムから発生されるマイナスイオンは、足りなくなった酸素を補い、イオンバランスを調整してくれるのです。

イオンバランスが崩れた肌は新陳代謝が乱れるので、乾燥肌や敏感肌などのトラブルを抱えた肌になりがちです。このような肌トラブルに対処したい場合には、ゲルマニウムのフェイスローラーを選ぶと良いでしょう。

プラチナ

プラチナには、老化の原因となる活性酸素を除去する働きがあります。またマイナスイオンを発生させ、毛穴の汚れを浮き上がらせる作用もあります。ゲルマニウムと同じイオンバランスを整える働きに加えて、エイジングケアも気になる方にはプラチナ素材のフェイスローラーがオススメです。

また、プラチナは変質や変色しにくいという特性があるので、製品が長持ちしやすいという利点もあります。

チタン

チタンは金属の中でも、アレルギーが起こりにくい金属です。肌が弱く敏感な方はチタン製を試してみても良いでしょう。また、サビにくい素材のため、お風呂での使用に適しています。水洗いもしやすいので、ローラーのお手入れも簡単です。

セラミック

セラミックは陶器などに使われる、石や粘土を混ぜ合わせた天然の鉱物です。遠赤外線を発するので肌を温め、血行を良くします。肌のくすみが気になる方や、新陳代謝を促したい方に効果的です。

このように、フェイスローラーは素材により期待できる効果に違いがあります。これらの材質を組み合わせたり、マイクロカレントなど電流を利用したタイプもあります。肌に元々流れている微弱な電流に極めて近い電流で、肌にハリやツヤを与える効果が期待できるのがマイクロカレントです。

このほか、金属や電流を使用しないシンプルなものもあります。肌の状態を考え、使いやすいものを選びましょう。

フェイスローラーの正しい使い方

フェイスローラーの使い方はとっても簡単です。顔の気になる部分にローラーをコロコロと転がすだけです。リフトアップや肌の引き締めに効果を出すには、下から上へ、もしくは中心から外へ、それぞれ一方向へ転がしましょう。逆方向には転がさないように気をつけてください。

また、決して強く押さえつけないように優しい力加減で行います。特に皮膚が薄い目の周りは、ほかの部分よりも軽く転がすように気をつけましょう。

血行が良い状態で行うと効果がより期待できますし、肌も潤っている必要があるので、フェイスローラーの使用前にホットタオルで肌を温めるか、入浴中や入浴後のケアがオススメです。

フェイスローラーの効果を実感するためには毎日継続することが大切です。手軽に続けられる自分にふさわしいフェイスローラーを見つけましょう。

クリントエグゼクリニック 医師  黒田愛美

「患者様が、よりいい人生を送るためのお手伝いをさせていただく」“美”にこだわり“愛”に満ちた人生のお手伝いができたなら、こんな幸せなことはありません。 一人でも多くの女性が輝けますように。小さな事でも、お気軽にご相談下さい。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube