TOP Beauty cosme > Column > チョコを食べても二キビが出来ない人と二キビが出来やすい人のちがいは何?

チョコを食べても二キビが出来ない人と二キビが出来やすい人のちがいは何?

2015/02/15

チョコレート

2月といえば、バレンタイン。バレンタインといえば、チョコ。チョコといえば、吹き出物、二キビが思い浮かびます。チョコを食べても二キビが出来にくい方とニキビが出来やすい方で分かれますが、皆様はいかがですか?

私は17年ほど前、随分二キビで悩まされました。チョコを食べただけでも二キビができるのに、一緒に食べているお友達は二キビができないのは何故だろう?と、疑問に感じていました。
今回の美ログでは、吹き出物ができる方と出来ない方のちがいについてお知らせしたいと
思います。

吹き出物、二キビができやすい人の特徴

吹き出物、二キビができやすい方は、毛穴に古い脂が詰まっている方が多いです。

特に、皮脂腺の働きが低下している方ほど、吹き出物、ニキビができやすいです。皮脂腺の働きとは古くなった(酸化した)皮脂や毛穴に詰まった汚れをを押し出す力があるか、どうかです。

酸化した脂、化粧品の油を毎日押し出すことができれば、皮脂腺(毛穴)は、常に美しい( 清潔感のある毛穴)ので雑菌が繁殖しにくくなります。
酸化した皮脂がずっと毛穴に溜まると、アクネ菌は酸化した皮脂が大好きなので、皮脂腺の中で菌が繁殖して吹き出物や二キビができてしまいます。

特に、チョコや糖類が多いもの、油っぽい食事をすることで、余分な油を取りすぎたり、余分に糖類を取りすぎると、皮脂が過剰になります。そんな時に、もともと、皮脂を押し出す力がない方は、すぐに吹き出物や二キビになってしまいます。

古くなった皮脂は洗顔で落とす?

古くなった皮脂を取り除く(皮脂を押し出す) ためにどうしたら良いのでしょうか?さて、ここで皆様が思い浮かぶのは、洗顔や毛穴パックではないでしょうか?それから電動ブラシが思い浮かんだ方もいらっしゃるかもしれません。実は、ここが落とし穴です。洗顔だけに目を向けていると、毛穴の汚れをしっかりと取り除くことができません。

例えば、ブラシを使って洗顔していたら毛穴や角質細胞を傷めつけて、肌は乾燥します。また、毛穴も無理やり外からぐりぐりと洗いますので、広がっていきます。

毛穴パックも同じことです。シールを貼ってはがす。固まった皮脂を取り除くのですっきりしたように感じますが、ここでも角質細胞は無理に剥がれ、色素沈着します。また、乾燥したり、毛穴が開いたりして未来の肌にとっては悪いことばかりです。

洗顔は、泡だけで洗うことが大切です。しかし、洗顔を行う前に、皮膚表面の汚れを取り除くことの方が実はもっと大切です。

一番大切なのは、クレンジング

クレンジングが、オイルクレンジング、クリームクレンジングなどしっとりした成分で洗っている方程、皮脂腺は詰まりやすい傾向があります。なるべく、ゲルやジェルのような皮脂腺に負担がないクレンジング剤を使用してください。

それだけではなく、クレンジングの仕方が雑な方ほど、毛穴に汚れを詰まらせている方が多いのです。

正しいクレンジングの仕方をしている方ほど、皮膚表面の汚れが取り除け、二キビができにくい肌になっています。

正しいクレンジングの仕方とは?

正しいクレンジングの仕方ですが、卵の黄身がつぶれないぐらいやさしくお肌に触れてください。量りに計ると10〜20グラムまでのタッチでお肌に触れてください。やさし〜く、やさし〜く、大きく円を描くようにクレンジングしていきます。大きく円を描きながら汚れを浮かす気持ちでクレンジングをしてください。その後、洗顔(泡洗顔)で弾力のある泡で洗ってください。

クレンジングの仕方が雑な方は、タッチは強く、ごしごし洗いがち。それでは、角質細胞に汚れを浸透させるようにしているようなもの。また、角質細胞を痛めつけてしまいます。その結果、毛穴は詰まりやすくなり、お肌は乾燥し、角質細胞に古い脂が残り、くすんだ肌になったり、また、毛穴は塞がったままなので、洗顔をしてもしっかりと毛穴の汚れが取り除かれなくなります。

まずは、皮膚表面の汚れをきっちり取り除くことを意識してください。そして、甘いものを食べてもニキビができない強い肌に仕上げてください。

美肌コンサルタント  光田敦香

美肌コンサルタント 1977年生まれ。大阪出身、 1998年株式会社ディアワールド入社、 スキンカウンセリングシステム『セルビックサロン』のスキンケアスタイリストに。 肌の4つの働きを高める『スキントレーニング美肌法』と運命の出会いを果たす。 以降、お客様に正しい肌の知識とお手入れ法を伝え続ける、自称『スキンケア伝道師』 ジュニア野菜ソムリエ資格、NPO法人日本代替医術協会認定国際医術協会リンパセラピスト指導講師、米国NLP協会認定資格など持ち、スキンケアだけでなく、食、体、心の側面からも美肌の実現をサポートしている。 さらに、すべての女性に美を届けるため邁進する一方、株式会社ディアワールドの 認定スキンケアスタイリストとして後進のスキンケアスタイリストの育成にもあたっている。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube