TOP Beauty cosme > Column > その使い方は間違っている!?ローラー美顔器が招くトラブルチェック

その使い方は間違っている!?ローラー美顔器が招くトラブルチェック

2015/03/17

美顔ローラーをやる女性

いろいろなメーカーから発売されている美顔ローラー。今や美顔器の中でも特に人気商品です。女性のみならず男性でも愛用者がいたり、TVや雑誌等でも特集されています。

しかし、そんな人気製品であるにも関わらず、間違った使い方をして肌トラブルを起こしている方がエステサロンに駆け込んできています。。その原因はズバリ…「毎日使いすぎている」からです。

美顔ローラーの中にはエステティシャンの手を再現したようなマッサージ効果をうたうものがありますが、エステティシャンの私は毎日自分の顔をマッサージしたりしません。
頻繁にエステサロンに通っていただく必要があるお客様でも、毎日の来店を勧めるようなことはないでしょう。それだけオーバートリートメントがもたらすトラブルが多いことを知っているからです。美顔ローラーなら、週に2,3回の使用に留めるほうがよいでしょう。

あなたはいくつあてはまる?使い方チェック

また以下のチェック項目に当てはまる方は要注意。今日から美顔ローラーの使い方を改めてみましょう。

(1)耳たぶの下の皮膚が柔らかくて、よく伸びる
(2)口を大きく横に開いて「イー」の形をすると法令線が2重で出る
(3)顎関節から頬にかけて小さな赤い斑点がでたり、シミが増えた
(4)美顔ローラーは鏡を見ずにテレビや本を見ながら使う
(5)美顔ローラーを拭いたり、洗ったりしていない

(1)(2)に当てはまる方は、力を入れて往復に動かしすぎているため、コラーゲンとエラスチンからなる繊維が断裂し弱くなっている可能性があります。このままではフェイスラインのたるみをつくる原因になります。

(3)に当てはまる方は、同じ個所に何度もローラーをあてすぎて内出血を起こしているか、摩擦による色素沈着を起こしています。
この3つのどれかが当てはまる方はしばらくローラーの使用を中止した方が良いでしょう。
(4)に当てはまる方は顔にゆがみが出ている傾向があります。利き手でローラーを持ち、無意識で使うと当てやすい場所や、方向が偏ってしまうため、左右均等にマッサージの効果が及びません。鏡を見ながら左右均等に行うようにしましょう。

(5)に当てはまる方は。今すぐに美顔ローラーを清潔にしましょう。顔には皮脂や常在菌がたくさんあるばかりか、皮脂が付着したままのローラーはほこりや空気中の雑菌も吸着しやすくなります。ウイルス性の皮膚炎やニキビなどを引き起こす原因が実はローラー美顔器だったという事例も少なくないのです。

せっかくの美顔ローラーですが、使い方を間違えるとこのようなトラブルの原因になりかねません。ぜひ正しく使用して効果を最大限に引き出してください。

シデスコインターナショナルエステティシャン  平賀さやか

サロンワークの傍ら、美容専門学校非常勤講師や美容サイトのコラム執筆を担当。幼少期から15年以上新体操を続け、自身の怪我やダイエットなどから身体のことに興味をもったのがエステに出会うきっかけ。美しさを追求する競技を通じて、美しさも努力によって身につけことができることを実感しエステティックでそれを提唱している。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube