TOP Beauty cosme > Column > 諦めないで!いまからでも間に合う花粉症シーズンの肌荒れ対策

諦めないで!いまからでも間に合う花粉症シーズンの肌荒れ対策

2015/03/25

お肌を触る女性

花粉症シーズン真っ只中!花粉症の方は、鼻水ズルズル、目もシパシパ、それに追い打ちをかけるかの如くお肌の荒れ…。お肌のコンディションが崩れるとその日のテンションまで下がってしまうものです。そこで、花粉症シーズンの肌荒れにおいて、失敗しないメイク方法や食べ物のポイントをご紹介します。

すっぴんでは出歩かない

花粉症によって、鼻水が出ていたり、肌荒れが目立ってきたりすると「スッピンにマスク」なんていうパターンが多くなります。または、どうせ化粧崩れするんだから!とノーメイクの人もチラホラ。でも返ってそれが肌荒れの原因になっているかもしれません。

花粉症の方は、身体に花粉が取り込まれてアレルギー反応が出ます。反応が出る箇所は、目、鼻、のど、皮膚など人によってバラバラ。もし、顔の皮膚に痒みなどが出て肌が荒れるという方は、なるべく素肌に花粉が接触しないように心がけましょう。つまり、すっぴんの状態よりも下地やファンデーションなどで顔をコーティングしたほうが良いのです。

さらに、日焼け止めだけなど表面がしっとりした状態よりも、パウダーファンデーションやルースパウダーをしっかり重ねてサラサラな状態を保つ事をお勧めします。表面がサラサラしている事で花粉も付着しにくくなるのです。なるべくお肌につけない!を意識しましょう。

帰宅したら即洗顔

先程もお伝えしたとおり、なるべくお肌と花粉が接触しないようにする事が大切。帰宅後は、直ぐにメイクオフするのが良いでしょう。いくら表面がサラサラとは言え時間が経ったメイクは皮脂などで崩れ花粉も付着しやすくなっています。
そして、外出先で髪の毛などにも花粉が付いてしまっているので、シャワーを浴びてリセットすることも大切です。さらに、寝室にコートなどをかけないのもポイント。洋服についた花粉がすっぴんで長い時間過ごす寝室で舞ってしまいます。玄関で花粉をはらった後は早めにクローゼットなどにしっかり隔離しましょう。

腸の中からキレイに

腸内環境が整うとアレルギーの過剰反応を抑えられるというデータがあるため、腸内環境を整える作用のあるヨーグルトは、積極的に摂ってほしい食品です。

また腸内環境が整っていて始めて、食べた栄養素をしっかり吸収する事が出来ます。ですから、お肌が荒れてビタミンやミネラルを意識的に摂る際にも、腸の中を整えてからの方が効率的にキレイになれます。まずは、ヨーグルトで腸を整えてから野菜や果物、海藻などから美容栄養素を摂取して肌荒れ対策をしましょう。

花粉シーズンの肌荒れ、この時期だけだから…と諦めていませんでしたか?ちょっとしたポイントを抑えるだけでこの時期もキレイな素肌で過ごせます。春は出会いと別れの季節、そんな大事な節目こそキレイな自分でいられるように工夫してみましょう。

管理栄養士  豊田愛魅

管理栄養士としてメニュー開発、実演販売、テレビ・ラジオショッピングに出演。人に分かり易く伝える事を得意とし、グルメコーナーや栄養講座やMCとして活動。最近では、カウンセリングや美容ライターとして執筆活動、食品会社とのコラボレーションも行う。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube