TOP Beauty cosme > Column > 美肌の秘訣はクレンジングの選び方

美肌の秘訣はクレンジングの選び方

2014/02/28

美をつくる為になにを大切にすべきか?

皆様こんにちは美容研究家の藤岡由起子です。
自分がエステの現場でたくさんのキレイのお手伝いをしてきまして、感じた事や気づきなど少しでも皆様の美のお役にたてますように、一緒に考えていきましょう。

前回の記事では、今すぐキレイに慣れて、なおかつ一番大切な睡眠について書きましたが、今日はその次に寝て起きてからまず行う事、「洗顔」について書きたいと思います。

私が現場でカウセリングをしていた時、お客様から一番多く聞かれた質問やお肌の悩みに答えるアイテムとしてお勧めしていたのが洗顔です。

私どものエステサロンには、多い時で月に1000人のお客様がご来店されます。そのお客様の多くの方が、カウンセリングしてみますと「安い洗顔料を使用している」「洗顔料の選び方は適当です」「なんでもいいんじゃない?」とおっしゃっていました。また、お顔の洗い方、洗顔料のチョイス、メイク落とし(クレンジング)の選び方など誤っている方が沢山いらっしゃいました。

洗い方や選び方をきちんと理解するだけで、お肌のトラブル悩みなどがなくなり、お顔を触るのがウキウキするものです。

それでは、正しい洗顔について、今日から行えますので一緒にお勉強しましょう。

洗顔の回数

まず皆さん、洗顔は一日何回していますか?

よくお伺いするのは、「夜は洗うけど朝は洗わない」「朝は水洗い」というもの。実はどちらも誤りです。夜はもちろんですが、朝もきちんと洗顔しましょう。

なぜなら、洗顔をするときに一番必要な事は、皮脂、ほこり、汚れをきちんと落とす事です。これを理解していないため間違った洗顔を行い、肌の悩みができたり、肌を老けさせてしまう方が本当に多いのです。

洗顔のときに肌に皮脂が残ったり、よごれが残ったりすると酸化してこれがシミやシワ、そしてニキビや吹き出物の原因になります。皮脂はしっかり落とした方が良いのです。

逆にお顔を洗うまで、ずっとよごれや皮脂はお顔に残っています。トラブルになるのもお肌を常に清潔にしていれば、トラブルになりにくい肌になります。あとは皮脂の汚れを取ることでくすみもなくなっていきます。

夜洗顔してそのまま寝るという方はいないと思います。そのあとに化粧水 乳液 美容液、クリームなどを乗せて寝ますよね。寝ている間に皮脂がたまり顔によごれがつきます。それらは、水やぬるま湯では落ちきれないのです。今日から毎日1日2回、洗顔料で洗いましょう!

クレンジング「メイク落とし」、それぞれの特徴とは?

メイク落としの選び方も今一度見直しましょう。ここでは、様々なタイプのメイク落としの特徴を紹介します。

1) クレンジングオイル
オイルタイプの商品は比較的、安価でしっかりとしたメイクを落とすのに適しております。しかし、油分が多すぎるという難点も。界面活性剤を多く含んでいるため、メイクよごれが最も落ちやすいのですが、その分肌への刺激は大きいのです。油は油じゃないと落ちないのでマスカラ、口紅などを落とすのにてきしています。目元、リップ用として使っていますうのが良いでしょう。

2)クレンジングクリーム
…しっかりとしたメイクも落ちやすく、肌にやさしく薄いメイクアップの場合や乾燥肌の人に適しています。油分と水分を含んでいるので、肌への刺激も少ないのが特徴です。水分が多すぎるという指摘もありますが、メイクオフ機能は比較的に高いので洗顔の中でも一番使いやすくトラブルにもなりにくいです。モルティーでもクレンジングクリームをアドバイスで伝えています。

3)クレンジングミルク
…油性成分は溶けにくいですが、使用後はさっぱりとした感覚があり肌質問わずに使用できます。クレンジングクリームよりも水分が多いため肌には優しいですが、オフ力が弱いという短所も。メイクが薄い人向けです。

4)クレンジングジェル
…2つのタイプがありますが、水溶性が多いと洗浄力が弱いですが、肌がしっとりします。油分を多量に配合している乳化タイプは洗浄力が高く、さっぱりと感じます。界面活性剤が多く肌への負担が大きいので使用の際には注意してください。

5)クレンジングローション
…アルコールや保湿剤の配合が多く、コットンに含まれているものがあります。油溶性の汚れは特に拭くだけでは落ちにくいので注意が必要です。こする刺激が強いので肌を痛める可能性があります。

濃いメイクの方やリキッドなどをメイクに取り入れている方は、よく落ちるオイルなどが良いですし、薄化粧やパウダーファンデーションをのせている方は、オイルだと人間に必要なナチュラルオイルまでとってしまいますのでクレンジングクリームがオススメです。

まとめ

クレンジングは美にとって一番大切だと私はおもいます。忙しい女性がよくやる化粧したまま寝てしまうという行為には要注意です。お化粧水、美容液クリームを塗っても老けませんが洗顔せずに寝ると5歳老けるといわれているほど、肌は老化に進みます。

それはお肌が酸化しているからです。クリーム以降に塗る上塗りのものがどうしても油分が多いからなのです。それを塗ったままでいる時間が長ければ長いほど酸化してしまいます。クレンジングは日々の生活の中で一番負担をかけています。

肌に接するのもまずはクレンジングからスタートして洗顔、化粧水、美容液、乳液…と続いていきます。クレンジングは安い安価なものを選び化粧水、クリームなどにお金をかける方が多いですが、クレンジングを少し良いものに替えたり、洗浄力もありつつ美容成分も入っているクレンジングクリームを選ぶと良いでしょう。今日からまず意識してみましょう!

美は毎日の積み重ねでキレイになりますから、ぜひ皆様にもチャレンジしてもらいたいです。

美容研究家  藤岡由起子

美容に興味を持ちエステサロン、化粧品メーカーで化粧品の勉強、販売を行う。その後、気軽に通える・自分が行きたくなるサロンというコンセプトをかかげ、お客様に寄り添ったエステサロン「Molti」を設立し、現在に至る。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube