TOP Beauty cosme > Column > ご存知ですか?肌老化の原因は80%が紫外線だった!

ご存知ですか?肌老化の原因は80%が紫外線だった!

2015/05/28

紫外線対策

アンチエイジング・エイジングケア美容があたり前の世の中になりました。でもご存知ですか?肌老化の原因は80%が「光老化」、つまり紫外線ダメージによるものなのです。そう、紫外線を浴びずに済めば、私たちの肌はとっても簡単に若々しい肌のまま維持できるのです。

肌のエイジングケア=紫外線ケア

紫外線に当たらないように徹底的にケアすれば、私たちの肌は20%しか自然老化しないということになります。たとえば、紫外線にほとんど当たらないお尻の肌は歳をとっても白く、つるつるしていますね。つまり、紫外線ケアが肌の美しさに直結するのです。

したがって、今回はエイジングケアの観点からみたUV製品の選び方についてお話しさせていただきますね。

最適なSPF値とPA値とは?

紫外線にはA波とB波があり、ざっくり言うと、A波は、シワやたるみを作る紫外線、B波は、日焼けを起こしてシミやくすみを作る紫外線です。

UV製品には必ず「SPF50、PA+++」など、SPF値(B波をカットする時間の長さを示す値)とPA値(A波をカットする効果の高さを+の数で表す値)が明記されているのはご存じだと思います。
それでは皆様、どのような基準で選ばれていますか?

多くの方が「数値が高いほどよい」と思われていますが、それは大きな誤解です。SPF値、PA値が高ければ高いほど肌に負担がかかるからです。

UV製品には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤という2種類の紫外線をカットする成分が配合されております。

◆紫外線吸収剤は、UVブロック効果が高いのですが、肌への刺激が強いという弱点があります。
◆紫外線散乱剤は、肌への刺激はあまりありませんが、肌を乾燥させやすく白浮きしやすいという欠点があります。

この二つの成分をバランスよく配合することで、使用感のよい、そして高い紫外線カット能力を持つよう開発してあるわけですが、両成分とも肌に負担をかけることには変わりありません。

肌のエイジングを総合的に考えると、UVアイテムの「紫外線をブロックする」というメリットと、「肌に負担をかける」というデメリットを天秤にかけた場合、日常使いではSPFは30まで、PAは+++までくらいが適切と考えています。必要以上に高い数値のアイテムは肌をそれだけ疲れさせ、老化を早めることになりかねません。

(海や山など、1日中屋外のお出かけにはSPF50、PA+++以上のウォータープルーフタイプをスポット的にお使い頂くとよいと思います。)

UVブロックだけではない!「内側からの」紫外線対策

“お出かけ前にローズヒップティー”
「紫外線対策のビタミン」と言えば、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンP(ヘスペリジン)。これら3つのビタミンを豊富に含有しているのがローズヒップティーです。日に当たりそうな日はお出かけ前にローズヒップティーを1杯召し上がってください。もちろん実も食べることがお約束です。それだけで、メラニン生成を抑制することができます。

また、ビタミンCには漂白還元効果がありますので、日焼け後の美白効果も大いに期待できます。

いずれにしても正しくこまめに紫外線対策をとれば、老化をグーンと遅らせることができます。10年たっても今と変わらない肌をご一緒に目指しましょう。

スキンケアプロデューサー、日本アロマ環境協会認定アロマセラピスト  大森由紀子

大学卒業後、専業主婦12年、以後、薬品会社勤務21年 54歳の時たまたま出会ったローズヒップティとオイルで自身の敏感肌を改善できたことから、このパワーを他の女性にも伝えたいと思い起業した。著書に「あなたを素肌美人に変えるローズヒップの魔法」がある。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube