TOP Beauty cosme > Column > 意外と知らない?ファンデーションブラシの効果的な使い方

意外と知らない?ファンデーションブラシの効果的な使い方

2015/11/17

みなさんはどんなアイテムを使ってファンデーションを肌に塗っているでしょうか。付属のパフや手での仕上がりに満足がいかないという方は、ファンデーションブラシを試してみるのもひとつの手です。ここでは、パウダーファンデーションとリキッドファンデーションそれぞれについて、ブラシの使い方を詳しくご紹介します。

ファンデーションを塗るときに、ムラなくキレイに均一に塗るのは難しいものです。ファンデーションブラシを使用するメリットは、比較的簡単にキレイな仕上がりになるという点です。また、パフやスポンジ、指などで塗りこむときに比べ、力もかかりにくいので、肌への負担も抑えることができます。

ファンデーションブラシの使い方

パウダーファンデーションを使う場合とリキッドファンデーションを使う場合で、使い方に違いがあります。自分にあったファンデーションを選んだうえで、ファンデーションブラシの使い方もマスターしましょう。

ここでは、筆の先が平らになっているタイプのファンデーションブラシで紹介します。

パウダーファンデーションの場合

パウダーファンデーションの上で、クルクルと筆を回して軽くファンデーションを含ませます。まずは頬にスタンプをおすように、軽くファンデーションをのせていきます。目の下や額、眉間はブラシを左右に動かしながら塗っていきます。塗り残しになりやすい小鼻の周りは、筆を小さく回転させて細かく塗っていのがポイントです。フェイスラインは、ブラシを軽く持ち、顔の外側に向かってなじませていきます。

仕上げにチークとパウダーファンデを混ぜ合わせて頬にのせると、より自然な仕上がりになります。パウダーファンデの場合は大まかなところはパフで塗って仕上げとしてブラシを使うのも効果的ですよ。

リキッドファンデーションの場合

頬の部分に、直接リキッドファンデーションをおきます。ブラシで頬に軽くタッチしながら、ブラシの表面にリキッドファンデーションをとっていきます。

この後はパウダーファンデーションを使う場合と同じで、軽くタッチするように頬などに広げていきます。

ファンデーションブラシの筆のタイプは、パウダーファンデーション用、リキッドファンデーション用などに分かれているので、適切なものを選択する必要があります。

メーカーによって、使われている毛の材質などに違いがあります。美容部員さんに聞いたり、肌にあててみたりして心地いいものを選びましょう。

ファンデーションブラシを使う際の注意点

ここまでファンデーションブラシのメリットを紹介してきましたが、適切に使用する際にはいくつか注意点があります。

まず、ファンデーションを一度に取り過ぎないことが大切です。あまりにも多くブラシにのせてしまうと、厚塗りの原因になり、顔だけが浮いた状態になってしまいます。

また、一番重要なポイントは「ブラシを清潔に保つこと」です。毎日使うメイク道具は、実は雑菌の温床になっていることもあります。汚れた筆を使用していると、ファンデーションとともに肌に雑菌をつけてしまうことになります。ニキビや肌荒れなどの肌トラブルの原因にもなり得るので、ブラシはこまめに洗うように心がけましょう。

メイクアップアーティスト・メイク講師・スキンケアアドバイザー  益子克彦

世界のビューティステージでは『MASSY(マッシー)』の愛称で名高く、パリ、ミラノコレクションといった美容の最先端で活動してきたテクニックは、有名女優、歌手、モデル等から広く愛され、CM・雑誌撮影、早稲田大学の講師としても活躍中。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube