TOP Beauty cosme > Column > パーティで注目の的に!潤んだ表情に仕上がる“濡れ系コスメ”

パーティで注目の的に!潤んだ表情に仕上がる“濡れ系コスメ”

2015/12/07

イベントやパーティが増える12月。仕事や学校終わりに、パーティや女子会に参加するシーンも多くなるでしょう。そんなとき、簡単なメイク直しで“パーティ仕様”に仕上げることができれば、きっとパーティでの注目の的になれるはず。水分を湛えたベースメイクや、クリームタイプのメイクアイテムなど、いま流行の“濡れ系コスメ”を使って、うるおいあふれる冬顔をつくりましょう。

クッションファンデーションでつや肌

ランコムやメイベリン、アイオペなど、各ブランドから新作が相次ぐクッションファンデーション。クッションファンデーションとは、化粧水成分や美容液成分をスポンジに含ませているファンデーションのことで、うるおいと色を肌にのせられるため、メイク直しのときに活躍してくれるアイテムです。乳液→ファンデーションという行程を踏まなくても、ツヤ肌が復活するという優れモノなのです。

ただ、脂分をとってからつけた方がいいので、メイク直しのときは、ティッシュなどでTゾーンをおさえ、脂分をとってください。そのあとにポンポンと重ねるのが正解。これだけで、フレッシュな肌に仕上がります。

うるおいも発色も叶える“濡れ系コスメ”が味方!

メイクアイテムでは、リンメルから発売されている、クリームタイプのアイシャドー、デュアルアイカラーや、同じくクリームタイプのチーク、アナ スイのクリーム チーク カラーがおすすめです。アイシャドーは筆塗りでも指塗りでもつけられて、しかも発色がいいので、オフィスメイクは大人しくしておいても、その上からそっと重ねるだけで“アフター5の顔”に変身できるのがグッド。

リンメルはクリームタイプ(下)と、パウダー(上)の組み合わせなので、しっとりとしたうるおい感と、発色のよさを同時に表現できるのが魅力です。色はトレンドであるボルドーがメインの102や、クールな印象に仕上がるブラウンとシルバーの組み合わせ、103がイマドキなカラーです。アナ スイのようなクリームチークも、うるおい+血色感を引き出せる優秀アイテム。頬だけでなく、下まぶたやリップの上に重ねるのも効果的です。顔全体に赤みを散らすことで、健康的でキュートな印象を醸し出せます。

空気が乾燥し、カサカサ肌が気になるシーズンだからこそ、メイク直しにはうるおい感が必須。これらの“濡れ系コスメ”を活用することで、うるおいも発色も同時にかなえましょう。

main

ブラン エクスペール クッションコンパクト SPF23・PA++ 全2色 ¥6,500/ランコム

メイベリン ピュアミネラル BB フレッシュクッション 全2色 ¥2,400/メイベリン ニューヨーク

デュアルアイカラー クリーム&パウダー 102、103(ともに限定色) 各1,000円/リンメル

アナ スイ  クリーム チーク カラー302 ¥2,800/アナ スイ コスメティックス(1月4日発売)

合わせて、『メイクしたての朝より”うるおい肌”になれる!秋冬のメイク直しのコツ』の記事もぜひご覧ください。

美容ジャーナリスト  加藤智一

かとう・ともいち。女性誌『25ans』などの美容担当を経て独立。女性誌・男性誌・WEB等で美容記事の編集・執筆を行うほか、中国の女性誌「秀媛尚」で美容連載を開始。講演や製品開発・PRアドバイス等でも活躍。近著に「お洒落以前の身だしなみの常識」(講談社)



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube