TOP Beauty cosme > Column > 買い替え時期に考えたい!失敗しない春夏ファンデの選び方

買い替え時期に考えたい!失敗しない春夏ファンデの選び方

2016/04/25

main

ポカポカと暖かくなる季節。美容メディアが必ずと言っていいほど特集を組んでいるのが「新作ファンデ」。秋冬と異なるのは日焼け止め効果だけではなく、サラッとした仕上がり感やラスティング効果など、さまざまな面で「春夏だからこそ欲しい機能」を兼ね備えている。でも、どうせ買い替えるなら、満足…いや、大満足するファンデがいいに決まっている。では、理想の春夏ファンデに出会うために大切なポイントとはどのようなものがあるのだろうか?

「リキッド、クリームファンデが崩れやすい」は昔の話!

「冬はリキッドやクリーム、夏はパウダータイプ」という、季節によって形状を選ぶのはもう古いお話。いまやリキッドやクリームタイプでも、高いラスティング効果を兼ね備えているものが増えているため、形状だけで選ぶのは、理想のファンデ候補を勝手に激減させているだけ。

それよりも考えたいのは、どのような肌に仕上げたいのかということ。たとえば、毛穴が気になる、シワを目立たないようにしたい、ナチュラルさを重視したいなどなど。春夏ならではの軽やかな仕上がりで、崩れにくいという点は前提として、そこにプラスして何を求めるのかをしっかり考えてから選ぶことで、「これイイ!」というファンデと出合えるはず。また、下地がいらないファンデも増えているので、手軽さを重視したい人は、下地要らずでもキレイに仕上がるかというポイントもぜひチェックを。

「どうやってお直しするか」を考えた上でセレクトを!

春夏のベースメイクの特徴といえば、「崩れやすい」ということ。崩れてしまうと、見た目だけではなく、日焼けもしやすくなってしまうため、こまめなお直しが必要になる。そこで、考えるべき重要な点は「お直し」をどうするか、ということ。仕上げた直後はキレイでも、午後には汚くなってしまっては台無しになってしまう。

ある程度カバー力があるパウダーでお直しすることを考えるなら、朝はナチュラルに仕上げておくことで、お直ししても厚ぼったさを防ぐことができたり、お直しにどのようなアイテムを使うかによって、選ぶべきファンデが変わることがある。お直しアイテムと一緒に購入するのがベストだが、すでに使用しているアイテムがあるのであれば、相性を考えてファンデを選ぶのがおすすめ。

季節は関係ないけれど、ファンデでもっとも重要だと言われている「色味」のチェックもぬかりなく。肌がいいとテンションがあがるもの! この春夏は理想のファンデと出合って、肌からハッピーになろう!

あわせて、『簡単!3つの「おサボりケア」で、“時短美人”を目指す!』の記事もぜひご覧いただきたい。

ビューティープランナー  梅野利奈

外資系経営コンサルティング会社を経て、化粧品会社でマーケティング・商品開発に携わり独立。美容雑誌やファッション誌での執筆を中心に美容ライターとして活躍する傍ら、ビューティープランナーとしてセミナー活動などもおこなっている。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube