TOP Beauty cosme > Column > 毛穴パックは悪?ドクター監修「タイプ別の正しい使い方と頻度」

毛穴パックは悪?ドクター監修「タイプ別の正しい使い方と頻度」

2016/05/23

毛穴パックは悪?正しい使い方と頻度

放っておくと黒ずみを引き起こすことにもなる毛穴の汚れ詰まりや角栓を根こそぎ抜き取れる毛穴パックは、とても魅力的なアイテムですよね。しかし、どんな方法であれ「強い力」を加えて行うケアは肌に負担がかかるもので、やり方を間違えるとトラブルを招く危険性もあります。キレイな肌を保つためにも、毛穴パックに関する正しい知識を持っておくようにしましょう。

毛穴パックはやってもいいの?

毛穴の汚れや角栓を除去することに着目したパックには、主に剥がし取るタイプと洗い流すタイプの2種類があります。

剥がし取るタイプのパックは、シートタイプのパックを濡らして気になる箇所に貼り、乾燥したら剥がすというものです。高い吸着性により、毛穴に詰まった汚れや角栓を根こそぎ取り除くことができますが、同時に必要な肌表面の角質や油分、水分をも除去してしまいます。

洗い流すタイプのパックはクレイパックが主流ですが、これは大地の粘土層からとれる粘土を原料にしたパックで、その吸着性や抗炎症作用、殺菌作用が毛穴の詰まりの除去に有効だと言われています。顔全体か気になる箇所に塗り、乾いたら洗い流します。剥がし取るタイプのパックに比べて肌への負担は小さいですが、洗浄力が非常に強いため、肌の水分や油分も一緒に洗い流してしまうことがあります。また、パック後の洗顔は行いませんので、洗い流す際はパックの成分が残らないようしっかりとすすぐ必要があります。

どちらもやっていけないことはありませんが、使用頻度とアフターケアには十分注意しましょう。

正しい使用頻度と使い方

まず知っておきたいのが、肌のターンオーバーについてです。ターンオーバーとは、肌の細胞の生まれ変わりのサイクルですが、これを正常に保つことが健やかな肌を保つことにつながります。しかし、毛穴パックのような強い力で必要な角質層を剥がしてしまうと、それと共に潤いも奪われてしまうため、ターンオーバーが崩れやすくなってしまいます。

ターンオーバーの速度は年齢や部位によって変わりますが、だいたい28日〜56日間(約1ヵ月〜2か月間)かかると言われています。毛穴パックの使用頻度も、そのサイクルに合わせることをオススメします。また、正しい使い方を守ることもとても重要です。以下に、種類別ごとの使い方のポイントについてご紹介します。

シートで剥がし取るタイプ

パックをする前の注意点は、使用前に洗顔で汚れを取っておくことと、パックする箇所には化粧水をつけないようにすることです。また、パック後に赤みや痒みなどが生じるのを防ぐため、パック直前の入浴や運動は控えましょう。

パックは、次の手順で行います。

(1)肌表面をしっかりと水で濡らし、シートをムラなく密着させます。

(2)シートが完全に乾いたら、一気に剥がさずゆっくりと剥がします。

洗い流すクレイタイプ

パックの手順は、次のとおりです。

(1)使用前に蒸しタオルを顔全体かパックをする箇所にあて、毛穴を開いておきます。

(2)パックする箇所の肌が隠れるぐらいの量を伸ばし、5分から10分程度置きます。

(3)完全に乾いたら洗い流します。

パックする際には、敏感な目元や口元を避けて塗り、肌がヒリヒリするなどの刺激を感じたらすぐに洗い流すようにしましょう。パック後の洗顔はしない方がいいので、すすぎはパックが肌に残らないようぬるま湯で十分行うようにしてください。

パック後のアフターケア

パック後の肌は角質が剥がれ傷ついていたり、潤いが不足した状態になっています。パックが終わったら速やかに保湿ケアをするようにしましょう。

剥がし取るタイプのパックを行った後は毛穴が開いたままになっていますので、保湿ケアを行った後に保冷剤や氷をガーゼなどで包んで、パックした箇所を冷却するようにしましょう。これにより、毛穴の引き締まり効果が期待できます。

広尾プライム皮膚科 医師  谷口由紀

1999年大阪市立大学医学部卒業後、付属病院の形成外科に入局。大学病院にてレーザー専門外来を担当後、2006年レーザー専門総合病院に勤務し、母斑および美容のレーザー治療を研鑽。その後、2012年広尾プライム皮膚科勤務。個人の希望に沿ったオーダーメイド治療をすることを心掛け、治療と予防の両方の面からサポートまで行い、患者に寄り添った丁寧な治療を行う。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事