TOP Beauty cosme > Column > 肌の質感をホントに左右するのは、あなたに合う「下地」なんです。

肌の質感をホントに左右するのは、あなたに合う「下地」なんです。

2016/07/19

メイク下地、何のために使うの?

メイクの下地というのは、ファンデーションの密着効果、整地効果、保護効果を目的としています。

なので化粧下地は必ず使いましょう。スキンケアの後にファンデーションを直接使用する方、いけませんよ!

この他にも、最近の化粧下地は「コントロールカラー」をしてくれるものも多数。自分の肌色や悩みに合ったカラーを選ぶことで、キレイな肌色に改善してくれるのです。

まずは肌質に合わせて選びましょう

ファンデーションと同じメーカーのものが最適と言えますが、あなたの肌に最適かどうかはわかりません!

下地は肌に合うものを選ぶことが、ファンデーションを塗った後の仕上がりを美しく演出することになると言えます。

その人によって、カバーすべき欠点は違うもの。自分の肌質をよく理解したうえで、下地に何が必要なのかを考えてみましょう!

「乾燥肌」はとにかくうるおいをプラス!

乾燥肌の人は保湿効果の高いものを選ぶのがいいでしょう。ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドといった保湿成分の配合された下地も販売されているので探してみましょう。

みずみずしい感触を作りだすには、抱水性成分やエモリエント成分の多いものを選びましょう。

「乾燥肌」下地はズバリこう選ぶ!

「敏感肌」はやさしい下地でUVケアを!

UVケア効果の高いものの場合、紫外線吸収剤が配合されていることが多いです。とくに肌が敏感な方は、紫外線吸収剤が含まれたものを使うと、肌に刺激を感じるおそれがあります。

SPF値やPA値の低いもの、あるいは紫外線吸収剤を使わずに、紫外線散乱剤が使われたもの選ぶのがおすすめです。

「オイリー肌」にはさらっとした質感で。

オイリー肌の人は、皮脂の分泌が多いので、オイルフリーのものやニキビを作りにくい成分で作られたノンコメドジュニック処方のものを選びましょう。

UVカット効果のあるものや、抗酸化成分が配合されたビタミンCが含まれたものを選ぶといいでしょう。

「混合肌」の場合はどんな下地?

化粧下地は、カラーも大事です!

肌質の次は肌色。肌の色は一人ひとり違っていて、人の数だけあります。自分がどんな肌色をしているのかをノーメイクの状態で確認し、自分の肌色の悩みにあった化粧下地を選びましょう。

・血色が無く青白い肌の方→ピンク、オレンジ系
・赤ら顔の方→グリーン、ブルー系
・くすみがちの方→パープル、ブルー系

目立った毛穴を隠したいなら、化粧下地でカバー!

たるみ毛穴や、皮脂毛穴におこりやすいプツプツした毛穴の開きが気になる方は、乾燥ケアを行いましょう。

化粧下地前のスキンケアでしっかり水分を補った後、化粧下地も保湿効果があるものを選びましょう。肌の水分保持力を高めることがポイントです。

実は、毛穴の種類も人それぞれ。くっきり目立ってしまう凸凹毛穴やクレーター毛穴、黒ずんでいるメラニン毛穴など、その特徴も異なります。化粧下地の質感を変えることで、その悩みをカバーできますよ。

毛穴別メイク下地のチョイス法

あなたの化粧下地、見つかりましたか?

自分に合った化粧下地を使うことで、ベースメイクが整い、メイクの仕上がりがぐんとよくなります。しっかりと肌の基礎をつくってあげましょう!

  スキンケア大学編集部

女性の肌を中心とした美容・健康の悩みを解消し、毎日を健やかにイキイキと過ごすための情報を日々発信する編集部です。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube