TOP Beauty cosme > Column > 女性の大敵「毛穴の開き」今日から毛穴をきゅっと閉めましょう

女性の大敵「毛穴の開き」今日から毛穴をきゅっと閉めましょう

2014/04/18

毛穴はどうして開く?

皆さん、こんにちは。藤岡由起子です。やっと春がきましたね。春になるとお店がピンクでディスプレイされ、何となく心も身体も弾みますよね。

新なスタートをされる方も多いので、私自身も新鮮な気持ちで仕事に取り組めております。皆様も何となく仕事に対して意欲的に活動されている方も多いかと思います。さて、気合いを入れてメイクしようと鏡の前でテンションが下がった事はありませんか?

わたしもたくさんの方のカウンセリングをした時にお悩みでよくマルがつくのが意外に多いのが毛穴だったのです。ではどうして毛穴は開いてしまうのでしょう?

たるみ毛穴、シワ、お肌のたるみはすべてコラーゲンエラスチンの真皮の線維の老化です。それらの改善にはコラーゲンエラスチンを補わないといけません。とはいってもそう簡単にコラーゲンエラスチンを増やすというのは簡単な事ではありません。でもすこしでもくい止める地道な方法を今日はアドバイスできたらと思います。

まずは毛穴が開く原因を止めて行きましょう。どう言う事をしたら毛穴は開くのでしょうか。

1)無理なダイエット
2)強いマッサージなど皮膚を引っ張る事
3)飲酒
4)寝不足
5)ストレス
6)アルコールの入っている化粧品
7)紫外線
8)甘いもの
9)喫煙
10)油系のお化粧品

などがあげられます。

どれも耳にした事のあるワードだと思います。その中でも気になるのは飲酒やアルコールの強い化粧品、油系のお化粧品ではないでしょうか?お肌は排泄器官です。アルコールは蒸発して外に出ていく際口を大きく開けてそうあくびをした状態です。それが1個や2個ならともかく何万とあるのが毛穴です。

毛穴が口を大きくあけるとたるみになります。油系のお化粧品も同じ事です。お肌は排泄器官です。油は細かい隙間まで入っていくのが油です。毛穴は呼吸をしています。油系のお化粧品を肌に塗るという事は、サランラップでふたをしている状態とほぼ同じ状態になります。先ほども言いましたが、毛穴は生きているので、ラップでふたをされると苦しくて口を大きくあけます。それが毛穴の開きの原因です。今日から出来る毛穴予防ですので、ぜひ参考にして下さい。

毛穴のトラブル

1)穴が詰まるもの「詰まり毛穴」

原因は皮脂と角質がまざりあって角栓が目立つようになります。つまり毛穴によごれが詰まって黒ずんでいるという状態です。毛穴はでこぼこなので詰まっていなくても影で黒く見えたりします。皮脂の多い20代くらいまでの人は毛穴に大きめの角栓が詰まってザラザラしている事もあります。

そんな場合はスキンケアで丁寧な洗顔が大切です。古い角栓を取り除きましょう。毛穴パックなどは無理やり角栓をはぎ取る可能性があるので使用方法をしっかり守る事が大切です。皮脂の分泌を抑制する作用のあるビタミンC誘導体配合の化粧品が効果的です。

2)たるみによるもの「たるみ毛穴」

真皮のコラーゲンやエラスチンが老化によって弾力を失って肌がたるみ、毛穴が細長く変形してしまいます。主に頬に多く見られます。たるんだ毛穴がつながって細かいシワになり、さらにほうれい腺になる場合もあります。

改善方法はたるみによる毛穴は予防が大切です。真皮のコラーゲンを増やす作用のあるパックピーリングまたレチノールが配合した化粧品を使う事も効果的です。

3)乾燥によるもの

元々乾燥肌の人や保湿ができていない人に起こりやすい。乾燥で肌が引っ張られ、毛穴が開き目立つようになります。特に乾燥する冬は注意が必要です。改善方法は毎日のスキンケアでしっかり保湿する事です。

4)生まれつき皮脂腺が大きい「開き毛穴」

元々遺伝的な要素が強くオイリー肌で赤ら顔ぎみの人に多いタイプです。改善方法としては皮脂分泌の「多い、少ない」毛穴の大小は遺伝的要素の大きいです。遺伝的要素の大きいものはスキンケアで小さくするのは難しいといわれますが、それ以上大きくならないように予防をする事が重要となり、毎日のスキンケアをしっかり行う事が大切になります。

毛穴を閉めてくれる成分

私の今回の記事でもあります。ビタミンC誘導体「リン酸アスコ……」とはなんでしょう?

リン酸アスコルビル……レモン、オレンジ野菜など植物中に存在しています。アスコルビン酸はビタミンCの事です。白色の板状、または針状の結晶性の粉末です。水に溶けやすく、強い酸味がある成分です。黒色の酸化型メラニンを還元します。生成されたドーパキノンをドーパに還元します。強い抗酸化作用があるので、美白剤にはもちろん、その他、老化の原因であるフリーラジカルの発生を防ぐ働きもあります。

リン酸にも種類がありマグネシウム型「リン酸アスコルビルMg」ナトリウム型「リン酸アスコルビルNa」があり、どちらも毛穴の開きやシミ、シワ改善などのにもつとめます。

私も勉強しながら改めて化粧品の箱の裏等を見ながら、お化粧品を取り入れています。

まとめ

化粧品を今まで何気なく雰囲気で買ったり、パッケージがカッコいいからと購入していた方も、私の記事を読んで今日から意識して取り入れたりお化粧品を購入時に箱の裏面見てみたりしていただけたら嬉しいです。

些細なことも諦めずに意識して行動するだけで女性はキレイに輝きます。皆さんのキレイのお手伝いが少しでもできれば思いながら私もキレイになる努力をして参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

美容研究家  藤岡由起子

美容に興味を持ちエステサロン、化粧品メーカーで化粧品の勉強、販売を行う。その後、気軽に通える・自分が行きたくなるサロンというコンセプトをかかげ、お客様に寄り添ったエステサロン「Molti」を設立し、現在に至る。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube