TOP Beauty cosme > Column > 老化が原因?皮膚の乾燥はエイジングケアが必要なサインかも!

老化が原因?皮膚の乾燥はエイジングケアが必要なサインかも!

2017/11/10

加齢による皮膚乾燥のメカニズムや、対処方法・予防策などをまとめてみました。正しいエイジングケアを行えば、乾燥による肌老化の進行を最小限に食い止めることができるかもしれません。

なぜエイジングで乾燥するのか?

なぜ子供の皮膚はみずみずしいのに、大人になり、年を重ねていくにつれ皮膚が乾燥してしまうのでしょうか?それには「皮脂の分泌量」が関係していると考えられています。

20歳を過ぎた頃から起こる女性ホルモンの減少にともなって皮脂分泌量が低下すると、皮膚表面からの水分の蒸発を防ぐことができず、乾燥が起こります。

引用:スキンケア大学

エイジングによる皮膚乾燥の症状

年齢を重ねた皮膚の乾燥ケアをせずに放っておいた場合、さまざまな肌老化の症状が発生してしまうと考えられています。

年齢とともに肌そのものの保湿力は低下し、肌表面がごわつき、全体的にしぼんだ印象を与えます。そして肌の乾燥はあらゆる老化の引き金となります。シワや毛穴の開き、たるみなどにも大きく影響を与え、肌のターンオーバーも遅くさせるのです。

引用:スキンケア大学

徹底した保湿ケアをしよう

皮膚の乾燥をケアする方法は、なんといっても「保湿」です。以下のようにケアしてみましょう。

乾燥による肌老化を防ぐには、保湿を重視したスキンケアを行うことが大切です。水分を補給したあとは、クリームなどの油分で水分の蒸発を防ぎましょう。

また、肌が乾燥しているとバリア機能も低下していますので、こするなど肌に刺激を与えないように洗顔の際には注意します。さらに、古くなった角質が溜まってしまい厚くなっている場合には、角質ケアを行うと、保湿化粧品の効果が高まります。

引用:スキンケア大学

体内からも皮膚乾燥を防ごう!

外からの保湿ももちろん大切ですが、皮膚の乾燥を防ぐには身体の中からのサポートも重要です。

あらゆる肌トラブルを引き起こす元となるのが乾燥です。乾燥を防ぐためには、きちんと保湿することが大切。そして、肌作りのカギとなる良質なタンパク質と、抗酸化作用をもつビタミンA、ビタミンEをたっぷり摂りましょう。

引用:スキンケア大学

ビタミンAは肌を強くし、ビタミンEは肌の酸化を防止・保護をするバリア機能があると考えられています。含まれている食材の一例をご紹介しましょう。

・ビタミンA→鶏レバー、ウナギ、ニンジン、ホウレン草、カボチャ、ニラ、チンゲン菜など

・ビタミンE→アーモンド、アンコウの肝、スジコ、タラコ、アユなど

皮膚乾燥に負けないケアを!

皮膚が乾燥をしてしまう前に先手&先手で十分な保湿をし、しっかりと保護をすることが大切です。身体の内と外から潤し、エイジングによる皮膚乾燥に負けない対策をとっていきましょう!

  スキンケア大学編集部

女性の肌を中心とした美容・健康の悩みを解消し、毎日を健やかにイキイキと過ごすための情報を日々発信する編集部です。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube