TOP Beauty cosme > Column > あなたのシミはどこから?美白効果が期待できるサプリメント成分

あなたのシミはどこから?美白効果が期待できるサプリメント成分

2017/11/16

美白効果を期待してサプリメントの摂取を検討している場合は、どのようなものを選べばよいのでしょうか。シミができる原因とともにご紹介します。

どうしてシミができるの?

シミは、メラニンという物質が体内で過剰に作られることにより発生するといわれています。メラニンの生成には、メラノサイトがかかわっているようです。メラノサイトを刺激し、メラニンの生成を促進する原因には以下のようなものがあると言います。

紫外線

紫外線が入ってくると、細胞を守るために、メラノサイトを刺激してメラニン色素を作り出す物質が活性化します。

引用:スキンケア大学

活性酸素

活性酸素が発生するとメラノサイト刺激ホルモンが分泌され、メラニンが作られます。

引用:スキンケア大学

ニキビ跡

ニキビ跡や肝斑などが炎症によるシミの代表的なものです。

引用:スキンケア大学

美白効果が期待できるサプリメント成分

美白を目指すためにサプリメントの摂取を検討している人は、メラノサイトを刺激する要因を撃退してくれる成分が含まれたものを選ぶとよいでしょう。

紫外線対策に役立つ成分

・Fernblock(シダ抽出物):「Polypodium

leucotomos」というシダの一種から抽出される成分。抗酸化作用だけではなく、UVBによって生じるDNA損傷を減少させる作用があると言われている。

引用:スキンケア大学

活性酸素対策に役立つ成分

・レスベラトロール:ブドウなどに含まれるポリフェノールの一種。強い抗酸化力を持つと同時に、寿命を延ばすとされる長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)を活性化すると言われている。

・リコピン:カロテノイドの一種で、トマトやすいかに多く含まれている赤色の色素。

強力な抗酸化作用があり、悪玉(LDL)コレステロールの酸化を防ぐため、生活習慣病にも効果があると言われている。

引用:スキンケア大学

このほか、抗酸化ビタミンとよばれるビタミンA、ビタミンEや、補酵素として知られるコエンザイムQ10などもおすすめです。

炎症対策に役立つ成分

・EPA(イコサペンタエン酸):魚に多く含まれる脂肪酸で、炎症を引き起こす因子の働きを抑制することで、炎症を抑える働きがあると言われている。

・DHA(ドコサヘキサエン酸):EPAと同様に、魚に多く含まれ、抗炎症作用があると言われている。

・ポリアミン:味噌、醤油、納豆など豆の発酵食品に多く含まれる成分。抗炎症作用があると言われている。

引用:スキンケア大学

成分表示をよく見てサプリメントを選ぼう

美白を目指すうえで大切なことは、シミの原因となる紫外線や活性酸素により受けるダメージを少なくすることです。美白効果を期待してサプリメントを選ぶときは、成分表示をしっかりと確認することをおすすめします。日焼け対策と合わせてケアをしていきましょう。

  スキンケア大学編集部

女性の肌を中心とした美容・健康の悩みを解消し、毎日を健やかにイキイキと過ごすための情報を日々発信する編集部です。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube