TOP Beauty cosme > Column > ただのセラミドじゃない!?牛乳から作られる「ミルクセラミド」とは

ただのセラミドじゃない!?牛乳から作られる「ミルクセラミド」とは

2017/12/18

さまざまな種類があるとされているセラミドのひとつが、ミルクセラミドです。ミルクセラミドには、どのような効果が期待できるのかみていきましょう。

牛乳から作られるミルクセラミド

「ミルクセラミド」とは、セラミドの元となる「スフィンゴミエリン」を含有する牛乳由来の素材のことを指します。牛乳からバターを作る際には、バターミルクと呼ばれる液体ができますが、これにはスフィンゴミエリンが多く含まれているといわれています。このバターミルクからタンパク質や余分な成分を除去し、フリーズドライにしたものがミルクセラミドなのです。

ミルクセラミドに高濃度に含まれるスフィンゴミエリンは、肌の中でセラミドが作られる際に欠かせない成分です。まず、肌のターンオーバー(新陳代謝)によってセラミドが生成されますが、蓄積される際にスフィンゴミエリンやグルコシルセラミドに分解されます。その後、スフィンゴミエリンは、スフィンゴミエリナーゼという酵素の働きによって再びセラミドに合成されます。

引用:スキンケア大学

肌に存在するセラミドは7種類あるといわれ、スフィンゴミエリンはその中の「セラミド2」の前駆体になることがわかっているようです。セラミド2は、セラミドの中でも特に高い保湿力を持ち、肌の水分バランスを保つ働きをしています。

ミルクセラミドの効果

ミルクセラミドを摂取すると、酵素によってセラミドに合成されます。特に保湿力の高いセラミド2に合成されることが多いようで、角質層の保水性を保って乾燥肌を防ぐ役割を果たしてくれます。

近年の研究で、ミルクセラミドは植物性のセラミドよりも吸収性が高いことも報告されています。

肌の保湿力をアップするためには1日20mg以上のミルクセラミド摂取がのぞましいとされていますが、これを牛乳から直接摂るのはなかなか難しいと言えます。なぜなら、セラミド1mgは牛乳30mlに相当するため、20mgを摂るには1.2Lもの摂取が必要です。体内で消化・排出されてしまう分も多いため、実際にはさらに多くの牛乳を飲む必要があるからです。

引用:スキンケア大学

ミルクセラミドの1日の摂取量は

肌の保湿力を向上させるために、ミルクセラミドは1日20mg以上摂取した方がよいと考えられています。牛乳だけで毎日補うのは大変なので、サプリメントやキャンディ、タブレットなどでもミルクセラミドを摂取しましょう。

  スキンケア大学編集部

女性の肌を中心とした美容・健康の悩みを解消し、毎日を健やかにイキイキと過ごすための情報を日々発信する編集部です。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube