TOP Beauty cosme > Column > 紫外線を浴びやすい!知っておきたい「鼻のシミ」のケア

紫外線を浴びやすい!知っておきたい「鼻のシミ」のケア

2017/12/17

顔の中でも特に高い位置にあるため、日焼けしやすくシミができやすいパーツが鼻。紫外線の影響を受けやすい鼻を適切な方法でケアするために、鼻にできるシミの種類を知っておきましょう。

鼻にできるシミにはさまざまな種類が

鼻にできやすいシミのひとつに、鼻から頬にかけてできるソバカスがあります。広範囲にできるシミで2〜3mmと小さく、紫外線の他に遺伝によってできる場合も。他に、ニキビ跡もシミになる場合があるので、若いうちから油断せずにケアしましょう。

炎症性色素沈着

ケガややけど、ニキビの跡など皮膚がダメージを受けた部分に、あとからできるシミ。シミの大きさは、皮膚がダメージを受けた部分の大きさによって異なります。

引用:スキンケア大学

加齢とともに増えてしまうシミ

ソバカスよりも大きいサイズのシミだと、40代頃から増える「老人性色素斑」があげられます。ただし、普段から紫外線を浴びる量が多いと、もっと若い頃からできる場合もあるようです。他に、以下のようなタイプがあります。

脂漏性角化症

数ミリ〜数センチのシミ。イボのように少し盛り上がっています。60代を超えるとほとんどの人にできます。紫外線をよく浴びる生活をしている場合には20代からできることもあります。

引用:スキンケア大学

シミの治療には外用薬やレーザー治療も

自分で行えるシミのケアには、美白化粧品の使用や、ビタミンC、Eなどのサプリメントの摂取などがあります。なかなか効果を感じにくいのであれば、医療機関で処方されるハイドロキノンやトレチノインなどの外用薬を使ったり、レーザー治療という手段も。

レーザー治療は比較的短期間でシミを薄くし、ほとんど見えない程度にまでできるというものです。Qスイッチレーザーや、Qスイッチルビーレーザー、炭酸ガスレーザーなどがあり、シミの種類や治療の目的によって治療法はさまざまです。正常な皮膚にダメージを与えることはありません。レーザーを当てた部分の皮膚は2週間程度かけて薄いかさぶたがはがれるようにポロポロと落ちます。この治療はいくつかデメリットもあります。治療費が高いことや治療中の痛み、そしてレーザー治療の種類によってはダウンタイム(赤みや腫れのある期間)があります。治療を受けた後に一時的な炎症性の色素沈着が現れることも。

引用:スキンケア大学

シミはまず作らないための対策を

シミはできてしまうと薄くすることが難しいので、作らないようにすることが大切です。そのためには外出の際には一年中紫外線対策をするようこころがけましょう。日焼け止めを塗ったり帽子をかぶったりと、若いうちから意識しておくことが大切です。

  スキンケア大学編集部

女性の肌を中心とした美容・健康の悩みを解消し、毎日を健やかにイキイキと過ごすための情報を日々発信する編集部です。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube