TOP Beauty cosme > Column > 賢く集中ケア!シートマスク・パックのもっと効果的な使い方

賢く集中ケア!シートマスク・パックのもっと効果的な使い方

2014/08/07

化粧水や乳液といった日々のお手入れに加えて、定期的にスペシャルケアを取り入れている人も多いのではないでしょうか。パック、ピーリング、マッサージ、フェイシャルエステ、鍼…さまざまなケア方法がありますが、中でも特に人気なのはシートマスクのようです。

簡単に使えるうえに、1度の使用でも肌がモチモチになれることから、年齢を問わず取り入れる人が多いシートマスク。週に1〜2回の使用でも続けることで肌の変化を感じられますが、季節の変わり目で乾燥や肌質が気になる場合は、毎日使っても大丈夫です。

効果的な使い方やタイミング

シートマスクには美容成分がたっぷりとしみこませてあるので、美容液の代わりとして使うイメージです。化粧水で水分を与えてあげてから肌に載せてあげましょう。その際、目元や口元が露出して乾燥してしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。

そうならないために、シートマスクを載せる前に目元と口元にアイクリームをつけておくのがおすすめ。ちょっとした工夫で、顔全体をしっとりうるおわせることができます。

なお、シートマスクに代表されるスペシャルケアは、肌の調子が悪いときにだけするものではありません。そもそも化粧品は肌の調子を整えるもの。週1〜2回でもコンスタントに取り入れることで、肌の調子を保ち、デートやパーティーの前日にさらにプラスして使うのがおすすめです。

時間に注意!長ければOKではありません

「肌につけている時間が長いほどうるおいそう」というのは間違いです!むしろ、長時間使うことでうるおうどころか肌に負担となってしまうこともあるくらい。というのも、シートマスクも外気に触れることで乾燥すると、本来の役割が果たせなくなってしまうのです。逆に肌から水分や皮脂を奪おうとするため、余計に乾燥してしまうことも。

間違った使い方を繰り返していると、肌に赤みがでてしまったり、かゆみが出てしまうのでご注意を。マスクが乾ききらないうちにはずしましょう。目安はだいたい10〜15分ほど。パッケージの裏に使用時間が記載されていれば、その時間を守ってください。

シートマスクの選び方

シートマスクといえば第一に“保湿”ですが、最近では美白用やたるみケア用、アンチエイジング対策向けなど、様々な種類が出回っています。ドラッグストアや薬局、バラエティショップにいろいろな種類のものが置いてあるので、今自分の肌に必要なものを選びましょう。

また、1つの袋に何十枚も入っているお得感のあるものや、1つに1枚のみのリッチなものなど、パッケージにもいろいろな工夫があります。デイリーケアには手軽に使えるたっぷり入ったものを使って、特別な日の前日には個包装のものを使うなど、気分やシーンによって使い分けるのを楽しんでみませんか?

赤坂ビューティークリニック 院長  青山秀和

埼玉医科大学を卒業後、共立美容外科・ノエル銀座クリニック・渋谷美容外科クリニックを経て、平成19年、赤坂ビューティークリニックを開業。カウンセリングには時間をかけ、丁寧に説明をすることを心がけています。少しでも気になることやご質問、聞いてみたいことなど、あらゆる点でお答えいたします。お気軽にご相談していただけたらと思っております。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube