TOP Beauty cosme > News

伊オーガニックコスメ創設者が語る「海泥が肌に良い理由」

シチリア・シクリの丘にある海泥を使ったオーガニックコスメ「アルジタル」ラインナップ

[拡大写真]

シチリア・シクリの丘にある海泥を使ったオーガニックコスメ「アルジタル」ラインナップ
 日本では比較的皮脂の多い人が注目していて、長年支持され続けている泥美容。洗顔料やパックなど、さまざまなアイテムが発売されているが、泥のどんな部分が肌に良いのだろうか。先ごろ来日したイタリア発のオーガニックコスメ「アルジタル」の創設者であるジュゼッペ・フェラーロ博士に、美容に良い成分について教えていただいた。

 生物学者のDr.フェラーロにより生まれた「アルジタル」は1979年より続くロングセラーブランド。現在では世界中で発売され、日本では2008年から輸入・販売を開始。口コミやリピーターの多さ、昨今のオーガニックブームもあり、昨年の売上額は3年前と比較すると450%増となるなど、大きな注目を集めている。

 そんな同ブランドの特長ともいえる素材が、良質なオーガニックハーブ、高度1200mの広大な森林から湧き出るイタリア・カラブリア州の天然水と、フェラーロ博士の生まれ故郷であるシチリア・シクリの丘にある海泥(グリーンクレイ)。特に海泥は、ブランドの顔的な素材でもある。

 とはいえ、そもそも海泥が肌にどんな力を与えるのだろうか? フェラーロ博士に尋ねると、「泥には赤味のあるものと、グリーンのものがありますが、赤味があるものは酸化しています。一方のグリーンクレイは、2価の鉄イオンが多く含まれているのです。数百万年前から海の水と接触していて、ミネラルをたっぷり含んでいるのも特徴なのです」と語る。

 「ミネラルが豊富なグリーンクレイは不要なものを落とし、肌を柔らかくします。グリーンクレイにはシリカ、鉄やカルシウムなどさまざまな成分が入っているのですが、クレイのマスクをしたり、お風呂に入っていただくと、それらの成分が同時に肌に作用するのです」。

 ちなみに、博士によると、クレイは肌の根幹の部分に働きかけるものなので、性別や肌質、年齢を問わずに使えるとのこと。これから夏に向け、さまざまな肌トラブルに悩んでいる人、エイジングケアに力を入れている人は試してみては?

⇒⇒「アルジタル」ブランドサイトはコチラ


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事