TOP Beauty cosme > News

冷えはNG! キレイを磨く“温活”美容のススメ

お手入れの際、両手で頬を包み込むのもポイント

[拡大写真]

お手入れの際、両手で頬を包み込むのもポイント
 “冷えは万病の元”という言葉があるように、体を冷やす行為は美容にとってもNG。ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド「decencia(ディセンシア)」の研究結果によると、肌を冷やすことで、化粧品の美容効果のほか、肌自体のバリア機能も低下させてしまうという。

 冷夏予報が出ていたものの、なんだかんだ暑かった今年の夏。冷たい水で洗顔したり、入浴後にスキンケアをしないままクーラーや扇風機の風にあたったり…。これらに身に覚えがある人は少なくないと思うが、こういったケアがお肌の毒に。そのほかにも、冷たい食べ物やドリンク、薄着、素足など、冷えの要因はたくさん転がっている。

 そんな時に、心がけたいのが“温活美容”。体を温めることで血行が良くなり代謝もアップ。化粧水などの浸透率も上がるため、肌にハリも生まれやすくなるという。同ブランドがオススメするスキンケア方法は以下の3つ。

【1】両手でつつんで温める
お手入れの際、頬を両手で包み込む。体温で温まり、浸透性がアップするほか同時に肌の状態も確認することができる。

【2】ツボ押しで血流アップ
顔色がさえない時は、ツボ押しマッサージを。特にくすみがちな目もとは、薬指で優しくプッシュすると血行が良くなり、スッキリした印象に。

【3】スキンケアの仕上げにホットタオルを活用
ホットタオルは、濡らして固く絞ったタオルを電子レンジで20秒チン。このひと手間で浸透力が上がり、顔色もイキイキ。

 乾燥や寒さが待ち受ける、秋冬シーズンを乗り越えていくためにも、疲れた夏の肌のメンテナンスはお早めに。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube