TOP Beauty cosme > News

レディー・ガガ、グラミー授賞式のメイクは日本製コスメ

『第57回グラミー賞授賞式』のレッドカーペットに登場したレディー・ガガ

[拡大写真]

『第57回グラミー賞授賞式』のレッドカーペットに登場したレディー・ガガ
 米人気歌手のレディー・ガガが9日(現地時間8日)に行われた音楽の祭典『第57回グラミー賞授賞式』でみせたメイクに、日本製コスメが使われていることが10日、わかった。手掛けたのは数々の世界的なファッション誌でメークアップを担当しているサラ・タンノさん。タンノさんはこだわりのアイメークやチーク、リップ等の使用コスメやテクニックを惜しげもなく語っている。

 ガガは2014年9月にリリースされた「Cheek To Cheek」で共演したトニー・ベネットとステージに登場し、同曲を披露。リリース時から“60歳差のコラボ”と話題になっていたが、年齢差を感じさせないほど華やかで迫力のあるパフォーマンスを披露し、会場を沸かせた。

 そんなガガのステージメイクのほか、レッドカーペットでのメイクも担当したタンノさんは「レディー・ガガのためにオーダーメイドで作られた魅惑的なシルバーロングドレスにインスパイアされたわ。それに思いっきり魅力的でセクシーな姿でトニーの横に立ちたい、そう彼女が望んでいると思ったの。それには、このモダンでゴージャスなドレスに合う“スモーキー アイ”が間違いなく美しいメイクになると確信しました」とコメント。今回のメイクをデザインした。

 ファンデーションからルージュにわたるまで使用されたコスメは、ガガが今年1月より広告キャラクターとして起用されている『マキアージュ』等の資生堂ブランド。発色の良い『シマリング クリーム アイカラー』や『パーフェクトマスカラ』で目元をスモーキーに彩り、『スムージング リップペンシル』、『メルティング ルージュ』で口元に愛らしさを添えた、セクシー&モードなムードに仕上げている。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube