TOP Beauty cosme > News

正しい朝の洗顔とは? 季節の変わり目に必要な“泡”のチカラ

季節の変わり目に必要な“泡”のチカラとは?

[拡大写真]

季節の変わり目に必要な“泡”のチカラとは?
 長期間乾燥にさらされてきた冬の肌は、バリア機能が低下。乾燥するだけでなく、水分不足のためにおでこや小鼻がかえってベタついたり、吹き出物ができてしまうなどのトラブルが起こりがちだ。しかも、これから春にかけてはホコリや花粉、紫外線などの量がグングン増していく、まさに肌にとっての受難の季節。そんな厳しい春を迎える前に見なおしておきたい、スキンケアの基本中の基本ともいえる“洗顔”について調査した。

 今回、oriconMEが20〜40代の女性600人にアンケート調査を行ったところ、洗顔をする時に“泡立て方”を重要視している人が約7割と多数。「泡が多い方が肌を傷つけないで洗顔できそう」(20代)という声も多く、肌をいたわる方法として“泡洗顔”を意識していることがうかがえる。しかし、実際に「朝、洗顔料を使って洗顔している」という人は57.5%と約半数のみ。「泡立てるのが面倒」「汚れていないと思うから」などの理由から、朝、泡洗顔ができていない現代女性の洗顔状況が浮き彫りになった。

 実際に泡洗顔が肌に与えるメリットとは、どんなものなのだろうか。Rサイエンスクリニック広尾の院長でアンチエイジングの専門医である日比野佐和子先生によると、「寝ている間に皮脂が酸化する変性皮脂は、そのまま放置していると紫外線を浴びてシミの原因や肌の老化につながってしまいます。ですから、きちんと朝も洗顔料を使って洗うことが大切。季節の変わり目は肌が弱っている状態なので、摩擦は厳禁。たっぷりの泡でこすらずに優しく洗うことが重要です」とのこと。美肌への近道は朝の泡洗顔にあるといえそうだ。

 ただし、泡洗顔の重要性は知っていても、「泡立て方がわからない」、「泡立て方に自信がない」という女性も多数存在。そこで美肌づくりのために知っておきたい“正しい泡の作り方”を、美容コーディネーターの弓気田(ゆげた)みずほさんに取材した。「洗顔料を泡立てる前に必ず手を洗いましょう。手をすぼめ、抹茶をたてるようなイメージで洗顔料を泡立てていきます。何度かに分けて少しずつ水を足していくのがポイントです。それでも上手く泡立てられないといった人には、きめの細かい泡の出るタイプのポンプ式の洗顔料を使ってみるのも良いでしょう」。

 理想的な仕上がりは、しっかりとしたマシュマロのようなきめ細かい泡。その泡を使って洗う際は、「泡のクッションを肌の上に転がすような感じで、汚れを浮き上がらせることが肝心。ぬるま湯で洗えば肌に過度な刺激を与えず、必要な皮脂まで落としすぎる心配もありません。また、すすぎ残しのないように、特に耳の裏や生え際はしっかりと流すのも大切です」と弓気田さん。

 肌トラブルが起きやすい春を目前に控えた今だからこそ、改めて朝の泡洗顔の正しいやり方を身に着けてケアすることで、輝くような美肌をめざしたいものだ。

オリコンランキングにあなたの意見も!アンケートモニター募集中

アンケートモニター募集中



関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube