TOP Beauty cosme > News

美容家・石井美保氏に聞く 一日のキレイをつくる朝スキンケア法

『&ROSY』とDHC開催の読者招待セミナーに出席した美容家・石井美保氏 (C)吉井明

[拡大写真]

『&ROSY』とDHC開催の読者招待セミナーに出席した美容家・石井美保氏 (C)吉井明
 美容家の石井美保氏が、女性美容雑誌『&ROSY』(宝島社)とDHC開催の読者招待セミナーに出席。40歳を超えて、なお美肌を維持している石井氏。セミナーで語った、毎日実践している“朝スキンケア”の具体的な方法について紹介します。

■サラッとした化粧水を10回手にのせて浸透させる

 お肌をケアしようとすると、夜に一所懸命、マスクをしたりスチーマーをあてたりすると思うんですが、私は最低限のものをつけるだけで寝てしまうときもあります。その代わり、朝は必ずスキンケアに20分かけています。そしてサラッとしたテクスチャの化粧水を10回手にのせて浸透させています。化粧水が手に余って、もう肌に入らないとなったら、ここが満タンの状態。それだけでお肌の透明感が変わってくるはずです。

 その上で「まだ透明感が足りないな」「たるんでるな」と思えば、美白用のアイテムを使ったり、たるみ用の美容液を使ったり。簡単なマスクも足してあげると違ってきますよ。

■いつもの1.5倍クリームを塗るとメイクが崩れない

 化粧水を入れ込んだら、油性のアイテムもたっぷり使ってください。いつも夜に使っている量の1.5倍ほどクリームを塗ってあげると、メイクが崩れません。このおかげで、私は午前11時から午後10時までサロンにいるんですが、ファンデーションを直すということはありません。

 午後にはメイクが崩れるとなると、気分があまりよくないですよね。でも「いつもより肌の調子がいいな」とか「メイクのノリがいいな」と思えると、それだけでも笑顔が増えたり、お仕事がはかどったり。周囲の人とのコミュニケーションもうまくいったりするのではないでしょうか。そうしたこともあり、朝のスキンケアを大事にしてほしいなと思います。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事