TOP Beauty Cosme > 夏疲れの肌に潤いを 初秋ビューティーケア

夏疲れの肌に潤いを 初秋ビューティーケア

夏疲れの肌に潤いを 初秋ビューティーケア
 だんだんと暑さも和らぎすっかり秋めいてきた今日このごろ。プールに海にフェスなど、楽しかった夏の思い出と共に残されたのが「肌の疲れ」。「肌が乾燥している」「クスんでる?」と思うことはありませんか? そんな夏のお疲れ肌を癒やすスキンケアグッズをご紹介します!

夏のお疲れ肌を癒やす方法とは

 レジャーや海など、楽しかった夏も終わり、そろそろ秋がやってくるころ。最近「肌がカサカサする」「シミや小じわが増えた」と感じる人も多いのでは? その原因は夏のダメージである「メラニン色素の皮膚沈着」と「活性化酸素」。放っておくと、シミやそばかす、シワをつくってしまうのです。秋になると空気が乾きさらに乾燥が厳しくなります。美肌で秋を過ごすためにはこの季節のケアが大切なのです。


■夏の強い日差しで肌が受ける影響とは?

 紫外線を浴びることで体内の酸素を酸化させる力を持つ活性酸素が増加します。皮膚を支え肌の弾力を保つ働きをしている真皮細胞にも影響を及ぼし、弾力性を失いシワの原因になることも。普段は日差しから肌を守っているメラニン色素を作る細胞(メラノサイト)も、過剰な紫外線を浴び増加した活性酸素に対処しきれず結果、メラニン色素の皮膚沈着が起こりシミ・そばかすの原因に。その他にも、クーラーによって肌水分が失われたり、暑さによって皮脂や汗の分泌が起こり乾燥を引き起こしてしまうのです。
 
■一度受けたダメージをケアすることはできる?

 「何事も事前のケアに勝るものはありません。しかし、もしも日焼けをしてしまった場合、とにかく炎症を抑えることが一番です。自然由来の植物エキスである柑橘系や海藻類、ハーブや、ビタミンA、C、E、フラーレン、チオクト酸、プラチナなどの抗酸化物質などが入った基礎化粧品を積極的に摂ることが大切です」と、化粧品メーカー・アルティス代表の川崎和雅さん。ダメージを受けた肌を守るケアは必要な成分を基礎ケアでしっかり摂取することだと話してくれました。

 他にも、夏の疲れが表れやすいこの季節に注意したいこととして「室内外の温度差や夏の冷たい食べ物などにより、体は内側・外側から冷えています。そうすると血行不良によって代謝も悪くなり、肌の血色や顔・足のむくみやボディラインの崩れなど、見た目にも影響を及ぼします」と、身体を冷やさないように注意することが必要なのです。

 秋になる前に、今できるケアをしっかりして美肌を保ちましょう!

お話を伺ったのは…

株式会社アルティス代表 川崎和雅さん

 化粧品の開発・販売をはじめ、スパやトレーニングなどさまざまざ美容ジャンルに携わっている。自身の著書『なりたいボディになる! 奇跡のKAWASAKIメソッド』を出版するなど、多岐にわたり活躍している。

*関連リンク*

1 2 3 4 >

シェア Google+

おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube