TOP Beauty Cosme > 小林ひろみさんが伝授 10年後のオトナ美人を目指す美肌指南

小林ひろみさんが伝授 10年後のオトナ美人を目指す美肌指南

小林ひろみさんが伝授 10年後のオトナ美人を目指す美肌指南
紫外線やエアコンによる乾燥、夏バテによる栄養不足…。秋口のお肌は夏のダメージを引きずりやすいもの。だからこそ今、この秋冬シーズンはもちろんのこと、10年後の健やかなお肌のためにも、入念なスキンケアを心がけて。美容研究家の小林ひろみさんが、美しい肌を作るために重要なポイントを伝授します。

小林ひろみさんが人気インスタグラマーの肌ケアをチェック

「女性の肌は年齢ごとの分岐点があるんです。
その時にどんなケアをしたかで肌は変わります」

【Profile】
小林ひろみ:大学卒業後、ブラジル・アメリカでの生活を経て1991年、美容家である小林照子氏と美・ファイン研究所を、98年にリバイタライズサロン「クリーム」を設立。海外生活の経験を活かし、トータルな視点からライフスタイルの提案を行う。著書も多数。

年齢ごとの肌変化+季節の肌変化に敏感になって
 小林さんに肌をチェックしてもらったのは高橋晴香さんと田畑佑莉さん。2人には事前にスキンケアアンケートに答えてもらいました。小林さんは「お肌は忙しさやホルモンバランスの影響などのお肌の分岐点があるんです。2人とも今20代後半ですよね。30歳前はお肌の分岐点で、次の分岐点は35歳頃。分岐点で落とし穴に落ちる前に、意識して手を打っておくと良いですよ」と語ります。
気になる2人のスキンケア、小林さんのアドバイスは…
 スチームやフェースパックなどで保湿ケアをしているものの、肌の乾燥を感じることもあるという高橋さん。「日やけ止めを使って紫外線をブロックしているからすごくいいと思います。ただ、肌が乾燥しやすい方は、クレンジングをていねいにして、たっぷり保湿をしてから、最後にクリームで蓋をしましょう」と小林さんがアドバイス。
 一方の田畑さんはクリームのみ。20代前半の頃にいろいろなケアを試したときに肌あれを起こし、試行錯誤して今のシンプルスキンケアにたどり着いた。小林さんは田畑さんのきれいな肌を褒めつつ「今ちょうどお肌の分岐点だし、2、3年後の肌を見据えるならそろそろケアの方法を変えてもいいかもしれないですね」。

保湿と美白がカギ 美肌美人を目指す秋冬スキンケア

「保湿と美白は大切。
しっかりケアして、みずみずしい憧れの肌を目指して」
秋冬の美肌を支えるのは保湿と美白
 小林さんが語る美肌作りの重要ポイントのひとつが“保湿”。「保湿ができているのか分からないときがある」という2人の言葉に、「目尻を指の第1関節と第2間接の背で触ってみて」と小林さん。うるおいに満ちた肌は、目尻付近がムチッとしていて引っ張られるような感覚があり、ヒンヤリ冷たくなっているんだそう。
肌の乾燥がシミ悪化を誘発 だからこそ美白も意識して
 また、美白ケアは夏だけ行っているという高橋さんに対し、「春夏だけ美白ケアをやって、秋から突然やめちゃうと、美白ケアを始める前のメラニン環境に逆戻りすることもありますよ」と指摘します。高橋さんのように春夏だけ美白ケアを行う人は多いですが、実は秋冬も美白ケアが大切。小林さんも「夏の間のうっかり日やけをしている人は多いはずですが、美白ケアをやめた秋にシミが浮き上がってくる場合も。また、肌の乾燥は過剰メラニン生成因子を発生させる要因のひとつでもあるので、放っておくとどんどん深刻になることがあるんです」と解説。「知らなかった」「乾燥でもシミが悪化するんですか」と2人は驚きの表情。
 だからこそ、秋冬は保湿だけじゃなく美白も意識すべきこと。小林さんも「保湿と美白は同じくらい大切であると考えてお手入れするべきです。そして、にごりのない明るくつややかでみずみずしいお肌を目指しましょう」と語ります。
↓↓ 秋冬の美白ケアをもっと詳しく知りたい人はこちら! 

秋冬美白応援団

忙しい大人の秋冬美白ケア まずは美容液からスタート

 とはいえ、いきなり美白スキンケア用品を一式揃えるのはお財布的に厳しい、あれこれ使うのは手間がかかって大変という人も…。「面倒臭いと思ったらスキンケアは負け」と小林さんが言うように、負担を感じるスキンケアは極力避けたいもの。そんな人はまず、化粧水のあとの美容液を美白ケア用に変えてみて。

 「水分(化粧水)と油分(クリーム)を肌に与えるのは大前提。そのほか、気になる肌の悩みに合わせた美容液を使う…という考え方です」と小林さんが語るように、美容液は目的に合わせて使うことが大切。秋冬は化粧水で保湿をしつつ、美容液で美白ケアを行ってクリームでシールドする3ステップが最適です。

この時期おすすめ 『HAKU』の美白美容液をチェック

 美白美容液はいろいろあるけれど、今注目したいのは『HAKU メラノフォーカス3D』。2種の美白有効成分「4MSK※1」、「m-トラネキサム酸※2」を配合し、液晶ゲルクリーム処方によりクリーム級の保湿力を実現。また、美容液なのにレフィルがある点もおすすめのポイント。環境にもお財布にもやさしくデイリーケアが行えます。
※1…4-メトキシサリチル酸カリウム塩 ※2…トラネキサム酸

商品詳細はこちら

『HAKU』シリーズとは?

 資生堂が長年行っているシミ予防研究を生かし、2005年に生まれた美白スキンケアブランド。今では美容液のほか、単品の機能を際立たせた化粧水、乳液、泡状乳液、マスク、冷却固形状クリームもラインナップされ、多くの美白マニアの心を掴んでいます。資生堂独自の美白有効成分が配合されており、それぞれのアイテムの目的が明確なので、肌状態や美白の悩みに合わせて自分なりの使い方ができる点も特長的。肌のメラニン量を測定し、その人に合った「美白お手入れレシピ」を提案してくれる店頭サービスも魅力です。

『HAKU』公式サイト
Supported by 資生堂
シェア Google+

おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事