TOP Beauty diet > Column > 疲れている顔と言われる(たるみ)について

疲れている顔と言われる(たるみ)について

2014/09/27

たるみはなぜできるのでしょう

人と会った瞬間に、「最近忙しいの?」「疲れているの?」と聞かれた経験はありませんか?なぜ言われてしまうのでしょうか?それは、お顔が疲れて見えるから、その一つにたるみの要因があります。

原因(1)

肌内部に存在するコラーゲン(ハリを支える繊維)やエラスチン(弾力を支える繊維)が加齢(※1)とともに変性してきます。そのために表皮を支える機能が弱まるために、たるみが起こります。

※1…25歳をピークに衰えると言われてます。

原因(2)

お顔には、57種類もの表情筋があると言われてます。現社会では、パソコンに向かった仕事や一人で黙って食事をする、一日中誰とも会話をしないなど、喜怒哀楽を顔で表現することが少なくなり、若い人でも表情筋が衰えたるみが起こることが多いです。

原因(3)

身体は運動をするのに、お顔はやさしくなでるだけと多くのコマーシャルが言っており、お顔をマッサージしたり顔筋を鍛えると言う本来の認識が薄い為にたるみの悩みが多いと考えます。

どのように対応するとよいでしょうか?

1)日々のスキンケアにコラーゲンやエラスチンなどの表記があるものを取り入れて、表皮内へ届ける。出来れば洗顔後すぐに使用するアイテムに配合されているのが良いと思います。(表記成分は○○コラーゲン、水溶性コラーゲン、○○エラスチンなど、そのままの言葉で表現されています)

ちなみにヒアルロン酸などは、コラーゲンより分子量が大きい為、先にコラーゲン(例えば化粧水)を取り入れ、その後にヒアルロン酸配合の美容液をオススメします。

2)パソコンを長時間見る時には休憩時間を持ったり、横に鏡を置いてご自身がどのような表情になっているかを認識してみましょう。通常鏡を見る時には、皆さん表情を作ります。ご自身の無表情はきっと驚きますよ。

食事の際にも鏡をそばに置いてみるのも見直しの機会となります。人は昔から家族や近所の方、職場の人たちと話をする環境にありました。最近の生活事情では、ご自身で工夫が必要ですね。

3)肌へ無理な摩擦はよくありません。一時流行った「コロコロ」など、ながら美容で人気がありましたが、色々な素材も出回り接触性皮膚炎が多く聞かれました。

本来の開発品を知っておりますが、素材や角度など精密に計算された素晴らしい物でしたが、残念ながら類似品が多く肌トラブルの原因にもなってしまいました。 私は日々行うスキンケアにマッサージを取り入れる事をオススメしています。

以前のコラム「過去のターンオーバーは正常ですか?」も参考にしてみてください。

現在は決して肌に良い生活環境とは違います。ご自身をいたわり、良い食事、良い環境、現代でのひと工夫を取り入れて 健康美肌を取り入れましょう。

素肌スペシャリスト  須藤泰子

2000年にエイミーアイムブランドを引き継ぐと共に、国内で数少ないゴマージュ手技を指導する【エイミービューティアカデミー】代表となる。2007年より海外へ施術指導を行いながら、日本の素晴らしいサービスの普及活動と同時に、女性就業支援や孤児院支援などのNPO活動も行っている。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube