TOP Beauty diet > Column > 美肌&代謝UP!秋の美Bodyメイクのカギは呼吸法にあり!

美肌&代謝UP!秋の美Bodyメイクのカギは呼吸法にあり!

2014/10/08

秋こそ深い呼吸が美肌、美髪をつくるポイント

この時期は夏のお疲れが表面化し、なんとなく体調が悪い…風邪気味であったり風邪が長引いたり…という症状を感じている方も多いのではないでしょうか?

日本の気候風土ですと、夏は湿気を伴う暑さですが、秋から冬にかけては乾燥が強まる季節。陰陽五行説では、秋は『金』の季節で対応する臓器は、「肺(呼吸器系)、大腸」です。特に肺は外気と直接触れる臓器であるため、次第に寒くなるこの季節の影響をダイレクトに受けます。

夏の暑さや冷たい飲食物の摂取でお疲れの体は、秋の冷たく乾いた空気の変化に対応できず、鼻の不調、お肌や髪の毛のトラブル、便秘などといった美と健康への大きなダメージが多々出てきます。

しかし、この時期にしっかりと肺と大腸の養生に繋がる呼吸法に専念すると、体内の老廃物の排出が良くなり便秘改善の効果や、血行も促進されることで美しいお肌や髪の毛を手に入れることができます。今回は秋の美と健康をつくる、深い呼吸のための美Bodyエクササイズのご紹介です。

美肌&代謝UP!呼吸を深める美Bodyエクササイズ

1、膝を曲げて脚を交互に並べるようして床に座ります。できるだけ、足のかかとがおへそのまっすぐ前、体の中心にくるように置き、左右の坐骨を安定させて座ります。

腰が反ったり、背中が丸まらないように、尾骨を下に向け下腹部に少し力を入れて、骨盤から背骨、首筋までをまっすぐに。

2、両手は体側の床に置き、鼻から息を吸いながら右手を天井に上げ、その指先をできるだけ高く天井の方に伸ばし、脇腹をしっかり伸ばします。鼻から息を吐きながら左側に倒れます。

この時、右側の坐骨が浮かないように気をつけ、お尻はしっかり床に置いておきましょう。

3、鼻から息を吸いながら右手の指先を遠くに伸ばし、右側の坐骨はさらに床に下ろすように意識し、体の右側面を気持ち良くストレッチ。鼻から息を吐き、少し緊張を緩めます。あと2呼吸同じ動きを繰り返しましょう。

最後の吐く息の時に腕の力を抜き、腕の重さで右の脇腹が伸びるのを感じましょう。ここでゆっくりと鼻呼吸を3回。(できる方は腹式呼吸)

4、そのまま腕を付け根から大きく5回、回します。反対方向にも回しましょう。部屋の中の空気を大きくかき混ぜるようなイメージで”ゆっくり、たっぷり”と回します。「ゆっくり動かすこと」、「呼吸を止めずに」行うことがここでの大切なポイントです。

5、鼻から吸いながらゆっくりと右腕と上体を起こし、鼻から吐く息と共に、ゆっくりと右腕を床に下ろします。目を閉じ呼吸を調え、体の左右差を感じましょう。反対側も同様に行います。

上半身に意識を起き動かしながら呼吸を深めることで、肩こりや上半身の疲れや滞りが解れ、深い呼吸が行いやすい体に。姿勢の改善にも繋がります。

浅い呼吸は美と健康の大敵。自律神経のバランスを崩し、慢性疲労や睡眠障害などといった不調をもたらします。また代謝が落ちるので、むくみやすくなりダイエットをしても成功しづらい体に。

逆に、深い呼吸は心身の美と健康作りに大変効果的です。ストレスを上手にリリースできる穏やかな心を作り、筋肉の疲労や緊張を緩め、コリや疲労回復にも役立ちます。そして、美肌や美しい姿勢へと導き、代謝も上がりダイエット効果も高まります。

この秋は深い呼吸を意識して過ごし、美と健康を高めて参りましょう。

Beauty&Health Contents Producer  高柳真美

Office Willow代表。ヨガ写真集や雑誌、TVなどで活躍。プライベートサロンの経営、インド・アメリカ・日本各地にて、ヨガ&マクロビオティックの指導実績を持つ。現在はライフスタイルコンサルテーションやセミナー講師、コンテンツプロデューサーとして幅広く活躍中。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube