TOP Beauty diet > Column > 今すべきは、心のアンチエイジング!老けずに輝き続ける秘訣

今すべきは、心のアンチエイジング!老けずに輝き続ける秘訣

2014/11/03

自分に対するイメージと自分とのコミュニケーション

あなたが受け取っている、自分に対する自分のイメージは、どのような自分でしょうか?あなたがあなたでなければいけない理由を、あなたは知っているでしょうか?私たちは、自分の年代に合わせた自分とのコミュニケーションをすることが大切です。

お肌のエイジングケアには熱心でも、心のエイジングケアを怠っている人は、表情の老化が早まっていくことでしょうし、私たちの心も、年々リニューアルを求めているのです。お肌に必要な栄養分は与えられますが、心に必要な栄養分は自ら作り出していくものです。

その年代に必要な心の栄養分は変わっていきますし、それを作り出していくのが心のエイジングケアなのです。そして、ハリや弾力のある若い心、柔軟で潤いのある心を持つことで、明るく健やかな表情が生まれやすくなるのです。

心と体と五感のバランスを意識して生きることがキレイの秘訣

赤ちゃんの肌でさえ傷つきやすいアジア人ですが、日本人女性は肌の角質層が薄く荒れやすいという特徴があり、敏感肌だと感じている人や、自分の肌に対する不満を持っている人も少なくありません。そして、世界で最も睡眠不足なのも日本の女性なのだそうです。

睡眠不足や夜更かしは肌に悪いと分かっていても、寝る時間を削って頑張っているワーキングマザーも多いことでしょう。あれも、これもと、やらなければならないことに囲まれて日々を過ごしていると、心と体と五感のバランスも乱れてくるものです。

世間の価値観に惑わされず、人と違う自分に自信を持ち、明るく健やかな心で生活すると、物事をプラスに受信できる感受性も豊かになるものです。最良の表情で、充実を感じて過ごせる日々を増やしていくかどうかは、数年後のキレイに大きな差を生むのです。

「変わっているね」「君は変だよ」と言われても不安になる必要はない

あなたの変なところはどこですか?あなたが変だと言われているところはどこでしょう?
他人から言われる変なところと自覚している変なところが一致していれば、人と違う自分を受け入れやすく、人との比較で自分の価値を見失い自信を無くすことも少ないものです。

多くの人は、人と違う自分を発見すると悩んだり不安になったりしますが、人と違うというのは素敵なことですし、それは命と一緒に与えられた個性なのです。個性を生かすとは、少ない成分で最大限の効果を発揮できる化粧品を作るようなものです。

たくさんの種類の成分を、たくさん入れないと効果を発揮できない化粧品ではなく、人と違う成分である自分の個性を研究し進化させることで、自分の運命も自分らしいキレイも、切り開いていきましょう。今現在のベストな自分は、常に未完成でいいのですから。

PS:「自分の運命も自分らしいキレイも、自分で切り開いていくものだよ」

メンタルビューティーアドバイザー  名倉潔

理美容業界に30年以上、化粧品業界に10年以上関わってきた中で、延べ10万人超の心に触れ、「容姿だけを綺麗にしようとしても、過去や未来に支配された心では限界がある」という持論をブログで毎日発信し続け、-今の自分が10倍好きになる-『こころの美容液』を理美容教育出版株式会社から出版。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube