TOP Beauty diet > Column > むくみの原因!リンパの滞りを流すセルフマッサージ

むくみの原因!リンパの滞りを流すセルフマッサージ

2014/11/20

朝、起きたら顔がパンパンになっている経験はありますか?それは、顔に老廃物が溜まり、むくみとして発生しています。顔のむくみは、リンパの流れが滞っていることが原因です。

むくみをそのまま放置すると、肌にどんな影響があるのか?

リンパの流れが滞ると、余分な水分や老廃物、毒素が体内に蓄積されて、免疫機能や栄養素の取り込みまで正しく行われなくなり、口元はたるみ、目の周りも脹れだし、むくみとして、ひとまわりも、ふたまわりも顔を大きく目立たせます。

そのまま放っておくと、日々のむくみが定着して『顔太り』という結果を招いてしまい、セルライト(脂肪細胞の固まり)を作り出す結果となります。

日々の習慣でむくみを取り除く

日々の習慣でむくみを取り除き、顔太り、目元のタルミ、ほうれい線をでないようにしていきましょう。

特に、デコルテ(首)付近は、リンパ液の最終出口鎖骨に近い部分なので、リンパ液が詰まりやすく、常に流さないとタルミ、むくみが目立ちます。

そこで、普段のスキンケア後に首元にジェルやクリームなどを塗って、左鎖骨を中指と薬指を使って、はさむようにして、15回はリンパを流してあげましょう。その後、右鎖骨を中指と薬指を使って、はさむようにして、15回リンパを流しましょう。

このように、スキンケアをしたついでに、鎖骨の老廃物を流すだけでも、むくみがましになります。いつまでも、若々しいシャープな肌を目指すならリンパ液の流れを良くすることが重大です!

是非、日々のケアから改善してください。

>>こちらの記事もオススメです。『ちょっとした工夫をするだけで手も美しく』是非、参考になさってください。

美肌コンサルタント  光田敦香

美肌コンサルタント 1977年生まれ。大阪出身、 1998年株式会社ディアワールド入社、 スキンカウンセリングシステム『セルビックサロン』のスキンケアスタイリストに。 肌の4つの働きを高める『スキントレーニング美肌法』と運命の出会いを果たす。 以降、お客様に正しい肌の知識とお手入れ法を伝え続ける、自称『スキンケア伝道師』 ジュニア野菜ソムリエ資格、NPO法人日本代替医術協会認定国際医術協会リンパセラピスト指導講師、米国NLP協会認定資格など持ち、スキンケアだけでなく、食、体、心の側面からも美肌の実現をサポートしている。 さらに、すべての女性に美を届けるため邁進する一方、株式会社ディアワールドの 認定スキンケアスタイリストとして後進のスキンケアスタイリストの育成にもあたっている。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube