TOP Beauty diet > Column > そろそろ復活!だらけた身体をリセットする3つのポイント

そろそろ復活!だらけた身体をリセットする3つのポイント

2015/01/09

年末年始に暴飲暴食?

年末年始にだらしない生活をしていた人たちへ

年末年始はいかがお過ごしでしたか?一年の節目となる年末年始の連休は、大切な宴が続くとき。ついつい飲み過ぎ、食べ過ぎてしまい、翌日は朝寝坊…気付けば昼夜逆転の生活。というような連休を過ごされていた方も多いのではないでしょうか。

その結果、だらしない生活だけではなく、だらしない体になってしまっていないですか?でも、ご安心ください!だらけた体をリセットする方法を知れば怖くありませんただやみくもに、ただなんとなく、生活を見直すのではなく、ポイントを知って、出来ることから実践することが、リセットするための近道ですよ。

脱!お正月カラダ!!キレイな体を作るポイント

だらけた体を戻し、キレイな体を作るためには、食事・睡眠・運動を見直しましょう。それぞれの項目からキーとなる3つのポイントを挙げました。「これならできそう!」なことから、即実践しましょう。

●ポイント1:食事
(1)毎食、野菜を食べましょう
毎食、手のひらに乗るサイズの小鉢(小皿)を2皿食べることを目標に、今よりも多く食べるようにしましょう。ほうれん草や小松菜等の緑色野菜や、根菜やブロッコリー等の重量のある野菜を多めにとり入れると良いですよ。

(2)ゆっくり食べましょう
速くても20分。出来れば30分かけて、ゆっくりよく噛んで食べることを目標にしましょう。そんなにゆっくり食べる時間がない!という方は、夕食や休日だけでもゆっくり食べましょう。

(3)夕食は遅くても21時までに済ませましょう
21時を過ぎる場合は、17〜18時頃におにぎりなどを軽く食べ、その分、夕食は主食を抜きましょう。夕食を2回に分けて食べるイメージです。

●ポイント2:睡眠
(1)24時までに就寝しましょう
(2)就寝1時間前に入浴をしてリラックスしましょう
(3)就寝30分前にはパソコン、スマホ、携帯電話は触らない
だらけた身体をリセットするためには、安眠することが大切です。3つのポイントで安眠効果がグッと高まりますよ。

●ポイント3:運動
(1)エレベーターを使わず、階段を使いましょう
(2)歩く速度は早歩きにしましょう(前を歩く同年代の人を追い抜くくらいのペース)
(3)通勤、買い物などは遠回りをしましょう
エネルギーの消費量をできるだけ多くするためには、小さなことでもコツコツと積み重ねることです。階段を使う、早く歩くことはトータルするとエネルギー消費大です!

良いスタートを切りましょう!

何かをスタートさせるにはもってこいの1月。「明日から始めよう…」は、実はなかなかスタートできないものです。出来ることを今から始めてみましょう。出来なかった日があっても、すぐに、何度でも、再スタートすればOK。出来なかったことを悔やむより、また今から始めようと前向きに捉えましょう。

まずは2週間、そして1ヶ月…と続けてみましょう。だらけた体はリセットされ、スッキリとした身体も心も取り戻すことができますよ。1年の幕開けの月。今年の第一歩として出来ることから始めてみましょう!

管理栄養士・日本抗加齢医学会認定指導士  篠原絵里佳

管理栄養士をはじめとして、日本抗加齢医学会認定指導士、ベジフルビューティーアドバイザー、野菜ソムリエ、睡眠改善インストラクターなど、「医×美×食」の分野で幅広く活躍。“体の中から健康に美しく”歳を重ねるための「食」を、様々な角度から発信することを得意とする。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube