TOP Beauty diet > Column > ちょっとしたからだの冷えに気をつけて、肌を乾燥やすくみから守りましょう。

ちょっとしたからだの冷えに気をつけて、肌を乾燥やすくみから守りましょう。

2015/01/29

あなたのからだは冷えていませんか?

「私は冷え性なんです。」という人、(女性だけでなく男性も)多いですよね。でも、自分のからだがどれだけ冷えているのか、実はよく分かっていないのではないでしょうか?

1年位前、ほぼ例外なく女性は低体温症ですよ、という方に会いましたが、「へぇ、私は風邪で38度近くの熱を出しても家事とかやっちゃうし、平熱も36度台後半だし、私は大丈夫。」と他人事のように思っていました。しかし、ふと気になって、体温を計ってみたら…、35.7度でした。ショックでした。みなさんは自分の体温を正しく知っていますか?

横隔膜が冷えを引き起こしている!?

私は今、1年位前から週に1回の気功治療に通っています。始めは、すぐに疲れてしまい、よく眠れないから、という理由でしたが、先生曰く、「からだが冷え切っているから、横隔膜がよく動いていませんね。」そして、しばらくは、「あまりに冷えているので、気を送り込むことができないから、からだの冷えをとりましょう。」ということで、とにかく、先生が冷たい気を取り除くに任せていました。それから、3か月位してやっと、気を入れられるようになりました。

みなさんは、横隔膜を意識したことはありますか?それ自体は、呼吸に関わる筋肉の板のようなもので、肺のすぐ下にあって、腹式呼吸がうまくできる時に大きく動きます。先生によると、この横隔膜を動かしていない人が本当に多く、それが原因で、肩こり、首こり、リンパの滞り、足の冷え、からだ全体の冷えにつながっているそうです。

からだが冷えると肌はくすむ

足先、くるぶし、手先、胴体の横隔膜がある辺り、は冷えを感じやすい部位です。冷えを感じると、血行が悪くなるので、当然、毛細血管が収縮し、血流が滞ります。顔色がいい、というのは、毛細血管に流れる血が肌を透かして見えているからです。からだを温めることは、血色をよくし、また、肌がきちんと機能するので、うるおいも生まれます。

横隔膜を意識的に動かすには、腹式呼吸をするのもいいですが、簡単なエクササイズとして、両腕を斜め上に向かって広げ、両腕の付け根がしっかり伸びて、リンパの滞りを流してあげるようなイメージで、数十秒間ストレッチします。普段の動きの中に、腕を広げるというのはほとんどないので、気がついた時に、1回でもいいのでやってみてはいかがですか?

冷えを感じる人、意外とからだをいじめているかも…

他にも冷えを緩和する方法で、自分で気が付いていないことがあるのですが、漢方を学んでいた時、「私、冷え性なんです。」と言う人の多くが、氷入りの飲み物を飲んだり、ビールを飲んだり、コーヒーが好きだったり、美容のために果物をとるようにしている、1日に大量の水を飲んでいたり、からだを自分から冷やしている人が驚くほど多くいました。

どれもこれも、からだを冷やしてしまいます。コーヒーや緑茶は、熱いものを飲んでも、胃に流れた時に暖かく感じるので、からだが温まる気がしますが、食材としては、からだを冷やすものです。そして、日本人は、お刺身など生のものをよく食べるので、比較的からだが冷えている人が多いそうです。

冷え性という方は、まず、常温であってもお水を飲み過ぎない、上記のような傾向があれば、それを辞めるだけでも、かなりからだが機能し始めます。自分の食生活を見直してみることで、冷えを改善し、肌の血流をよくし、くすみのない、うるおう肌をめざしましょう。

オリーブオイルソムリエ・漢方上級スタイリスト  工藤亜由美

大学卒業後、外資系化粧品会社を経て、2013年2月にオー・リーブ・ジャパン株式会社を設立。スペイン産オーガニックのエキストラバージンオリーブオイルやクリーム蜂蜜の輸入・販売を開始。肌の弱い人向けに化粧水だけのスキンケアを自社開発し、販売。オリーブオイルや関連した食のセミナーやイベント講師としても活動中。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube