TOP Beauty diet > Column > 呼吸法で便秘を解消する方法

呼吸法で便秘を解消する方法

2015/03/02

お腹

呼吸と便秘の関係

今回ご紹介する、便秘を改善するための呼吸法は、お腹のインナーマッスル(横隔膜・多裂筋・腹横筋・骨盤底筋群)を刺激し、上から下(肋骨からお尻)へ波が起こるように筋肉を動かし、内臓を刺激することで排泄へと導きます。

その結果、便秘解消だけではなく、血液循環とリンパの流れがよくなり、内臓の働きも同時によくなります。また、この呼吸法は、お産の時にも効果的と言われています。

便秘解消の呼吸法

それでは、実際に呼吸法をご説明します。

(1)床もしくは椅子に座った状態でスタートします。
(2)鼻から息を吸って、胸に空気を入れます。
(3)口をストローぐらいの細さにして、息を吐きます。そのとき肋骨を下げていくような感覚でやるように意識してください。
(4)肋骨が下がると同時にお腹の上、真ん中、下腹部そしてお尻(肛門)の周りが順番に固くなってきます。
(5)息を吐ききったら、再び鼻から息を吸います。この時、お尻の周りの力が抜けるような感覚があれば、お尻まで力が入っていたことになり、正しい姿勢でおこえなています。
(6)2〜4を5回ほど繰り返しおこないます。
※慣れてきたら寝た状態や立った状態でも行うことができます。

まずはお尻の感覚も大事になりますので、何かに座ってお尻まで力が入ることを確認しながらマスターしていきましょう。

呼吸は健康の元

今回は便秘についてお話ししましたが、この呼吸法を違う意識をもって行うと、自律神経の安定やウェストのサイズダウンにもつながります。

つまり意識をどこにおくかによって 効果は変わり身体の変化も違ってきます。

排泄がうまくいっていない方が現代の若年層に特に多いので、是非これを機会に改善し快適な生活、そして健康な身体を獲得してもらいたいと思います。

パーソナルトレーナー  伊藤晃一

トレーナー歴12年、現在まで12000セッション以上を行い、550名以上の方を指導。22歳の時にパーソナルトレーナーの養成コースを受け同年デビュー。28歳の時にパーソナルトレーナー育成、派遣会社を設立。29歳の時に渡米、ニューヨークにて出張パーソナルトレーニングを中心に歌手、起業家、翻訳家、デザイナーの方達を指導する。コーディネーショントレーナー(心身を整える)として活動する傍ら、俳優としても活動中。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube