TOP Beauty diet > Column > ローズヒップティーで美味しく花粉症対策!

ローズヒップティーで美味しく花粉症対策!

2015/03/13

鼻をかむ女性

花粉の季節のまっただ中、花粉症の方にとってはつらい季節ですね。花粉症の予防、症状の軽減にローズヒップティーが効くということをご存知でしょうか?ローズヒップティーに多く含まれているビタミンA、ビタミンC、そしてビタミンPが大いに力を発揮します。

実際にローズヒップティーを飲み始めてから花粉症が軽くなって助かった、毎年お医者様にかかっていたのに今年は市販薬だけで済んだ!など、その効果に感激される方がたくさんいるのです。

抗アレルギー作用のビタミンP(ヘスペリジン)が豊富!

ローズヒップにはビタミンPの一つであるヘスペリジンというフラボノイドが赤ピーマンの約18倍含まれています。このヘスペリジンには、かゆみ・くしゃみ・鼻水などの花粉症のアレルギー症状を引き起こすヒスタミンを抑制する抗アレルギー作用があります。

また、ビタミンPはこれからお話しするビタミンCの働きを1.5倍にすると言われており、花粉症状の軽減に相乗効果をもたらします。

ビタミンCとビタミンAで免疫力UP!

花粉のアレルギー反応は免疫力の低下・不安定が大きな原因。ローズヒップティーに豊富に含まれるビタミンCとビタミンAはまさしく「免疫力UPのビタミン」です。

また、ローズヒップティーにはビタミンCが、レモンの約20倍、βカロテン(ビタミンA前駆体)はトマトの約5倍も含まれていますので、ローズヒップティーを毎日飲むだけで日常的に免疫力の向上・安定化を図ることができ、花粉症の症状が出にくくなったり、症状の度合いが軽減します。

ビタミンC、Aのその他の花粉症関連効果

◆ビタミンC
ビタミンCには炎症抑制効果がありますので、免疫力向上にプラスして炎症抑制効果の働きによる症状の軽減が期待できます。特に、アレルギー炎症が起きると体内のビタミンCが大量に失われますので、花粉症対策として積極的に摂取したいビタミンです。

◆ビタミンA
花粉症のアレルギー反応が起きるとまず目がかゆくなったり、鼻がムズムズしたり、くしゃみが出たりと粘膜系が過敏になります。ローズヒップに豊富に含まれるβカロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変わるという大変お利口さんなビタミンAの前駆体です。体内でビタミンAに変身し、免疫力向上だけでなく、皮膚や粘膜を丈夫にし、菌や刺激に強くしてくれます。

ローズヒップティー「実まで食べる」のが重要! 

あまり知られていませんが、ローズヒップティーの豊富な栄養素、そのほとんどはお茶には出てきません。ティーバック型のローズヒップティーを飲んでも効果実感がないのはそのせいです。ローズヒップティーにそのままお湯を注ぎ、柔らかくなったローズヒップを実まで召し上がって下さいね。

花粉症対策としては症状の度合いにもよりますが、朝昼1杯ずつ召し上がって頂くとより効果的だと思います。是非お試しくださいませ。

ローズヒップティーの魅力はこちらのコラム「驚きの美肌効果を持つローズヒップティ、でも飲み方が重要」でもお話ししておりますのでぜひご覧ください。

スキンケアプロデューサー、日本アロマ環境協会認定アロマセラピスト  大森由紀子

大学卒業後、専業主婦12年、以後、薬品会社勤務21年 54歳の時たまたま出会ったローズヒップティとオイルで自身の敏感肌を改善できたことから、このパワーを他の女性にも伝えたいと思い起業した。著書に「あなたを素肌美人に変えるローズヒップの魔法」がある。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube