TOP Beauty diet > Column > 実はスーパーフードの「サーモン」で美白&エイジングケア

実はスーパーフードの「サーモン」で美白&エイジングケア

2015/03/30

サーモン

「スーパーフードは植物由来のものだけ」と思いがちですが、実はスーパーフードという言葉が使われ始めた1980年代の文献には、動物由来のサーモンやヨーグルトも、スーパーフードの1つとして記載されています。そこで今回は、女性にうれしいエイジングケアや、美容効果が豊富な「サーモン」についてご紹介します。

アスタキサンチンのパワー

サーモンといえば、“アスタキサンチン”が含まれていることは皆さんご存知の通り。スーパーフードは特に、ポリフェノールに含まれる「色素成分」を多く含むものが存在しています。サーモンにおいては、アスタキサンチンがその色素成分にあたります。アスタキサンチンは、天然色素・カロテノイドの一種で、ビタミンEの1000倍ともいわれる「抗酸化作用」があると言われています。エビやカニなどの海産物にも含まれている赤色色素で、サーモンには特に豊富に含まれているのです。

実はサーモンは、もともとは赤くない白身の魚です。赤色色素のアスタキサンチンを多く含む「ヘマトコッカス藻」を食べる動物プランクトンがエサになっているため、サーモンが赤く色づいているのです。

エイジングケア&美白にも!アスタキサンチンの効果

アスタキサンチンを多く含んだ「ヘマトコッカス藻」を食べて育ったサーモンには強い抗酸化力があり、エイジングケアに効果的。また、メラニン生成を抑える働きがあることから、美白にも役立ちます。アスタキサンチンを含む化粧品なども数多く発売されていますが、それだけ美容維持に効果を発揮する成分と言えるのです。

サーモンの効果的な摂り方とは?

また、ローフード界でもサーモンは重宝されているように、サーモンは生の状態で食べることで酵素を多く摂取することが可能。グリルにしたりホイル焼きにしたり、鍋に入れたり……と色々な食べ方がありますが、酵素が摂れるという意味では、生の状態がオススメです。

同じくスーパーフードであるアボカドと組み合わせてサンドイッチにしたり、サーモンカルパッチョの仕上げにアマニオイルをかけたりと、スーパーフード同士でも組み合わせやすいので、気軽に取り入れられますね。是非、食事の際には意識してサーモンを加えてみてはいかがでしょうか?

サプリメントアドバイザー  鈴木絢子

学生時代に北京大学に短期語学留学。中国TVリポーター、ライター、モデルなどを経験。 国内最大手美容外科と化粧品会社の広報、広告代理店を経てフリーに。2010年、美容コンサル会社潟Gリートレーベルを設立。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube