TOP Beauty diet > Column > 化粧品を増やす前に筋肉を増やそう!これぞアンチエイジングのカギ

化粧品を増やす前に筋肉を増やそう!これぞアンチエイジングのカギ

2015/07/07

化粧品を増やす前に筋肉を増やそう

すべての人にとって、若返りは永遠のテーマといっていいでしょう。それを裏付けるかのように、メディアは日々アンチエイジングをテーマにしたものを紹介しています。
しかし、いったいどれほどの人が若返りやアンチエイジングの意味を正しく理解しているでしょうか?

今年、私は、健康的で美しく、そしてかっこよさを追求する「世界初、男女の年齢別ミスター&ミスコンテスト」である『ベストボディジャパン』という大会に出ることになり、体を鍛え始めました。顔のメイクだけではなく、ボディのメイクもアドバイスできるようにと始めたのがきっかけです。その体を作り上げる過程で学んでいることを、今回は紹介します。

アンチエイジングをするなら、まずは老化のメカニズムを知るべし!

世の中には、科学的な知識を持たないまま、やみくもに間違った若返り法を行っている人が非常に多いことが気になっていました。いつまでも若々しい体を保つには、老いの仕組みについて知ってくことが大切です。老化のメカニズムを知れば、老化を抑えて若返りをはかるには、活性酸素をできるだけ発生させないこと、そして抗酸化物質で活性酸素を減らすことが重要だとわかるでしょう。

美容面では、ビタミンAや抗酸化物質のビタミンCなどを肌に与えることで、光老化を防いだり、ダメージを回復させたりすること。
体の老化を遅らせて若返りをはかるには、成長ホルモンの分泌を促して筋肉を増やすこと。さらに、毎日の食事や人間関係、心の状態も老化防止や若返りに大きく関係するということが重要だと気づくはずです。

「ミトコンドリア」が老化を食い止める!

人間の体は、およそ60兆個もの細胞からできています。そのすべての細胞の中にある「ミトコンドリア」という小器官が、老化を食い止める鍵を握っています。
ミトコンドリアは、細胞によって100個から300個もの数が存在しています。さまざまな役割を担っていますが、重要な働きの1つが、呼吸によって取り組んだ酸素と食べ物から得たブドウ糖などを燃料にして、細胞の活動に必要なエネルギーとなるATP(アデノシン三リン酸)を作り出すことです。

しかしその半面、エネルギーを作り出す際に活性酸素を作り出してしまうのです。活性酸素が体にさまざまな害をもたらすことはよく知られています。ミトコンドリアがエネルギーを作り出す工場だとしたら、活性酸素はその際に出る廃棄物のようなものだと考えればいいでしょう。

年齢を重ねるにつれて、ミトコンドリアの働きは低下してしまいます。そうなるとエネルギーを効率よく作り出せなくなり、活性酸素を放出しやすくなります。これによって体のあちこちで老化が進んでしまうのです。

ミトコンドリアが作り出すATPは、蓄えておくことができません。そのため、必要なエネルギーをその都度、作り出しています。筋肉や脳などエネルギーをたくさん必要とするところにはミトコンドリアの数も多く、ATPもたくさんつくられています。

ミトコンドリアを増やすには、エネルギーの消費量、つまり運動量を増やすようにすればいいのです。最初はきつかった運動が、毎日続けているうちに少しずつ楽になってくるのは、体の細胞の中でミトコンドリアが増えて、エネルギーを量産できるようになっているからです。元気なミトコンドリアの量が増えれば、そもそも体に備わっている活性酸素を減らす機能もアップしていくわけです。

そのミトコンドリアを増やすために効果的な運動は、短時間で強めの力を出す運動だといわれています。ウォーキング程度の運動は脂肪を燃やすには効果的ですが、ミトコンドリアを増やすにはあまり適していないのです。始めから全力で走り、あとはゆっくりというように。最大筋量の80%くらいの運動を行うのがよいようです。

食事制限によるダイエットは時代遅れ!

ボディをメイクする上で、女性になぜ筋肉が必要なの?と思われるかもしれませんが、脂肪を効率よく燃やすために欠かせないのが、実は筋肉なのです。女性は男性に比べて筋肉量がもともと少なく、さらに、女性は男性に比べて運動量が少ない人も多いため、どうしても筋肉不足の状態に陥りがち。

筋肉が不足している状態で、ダイエットのために極端に食べる量を減らすと、たしかに、一時的に体重は落ちるかもしれませんが、極端な食事制限では、脂肪と一緒に筋肉も落ちてしまうため、前よりもさらに代謝が悪くなって、太りやすい体質になってしまうのです。

筋肉不足はダイエットの面だけでなく、健康面でもマイナスです。特にコア(体幹)と呼ばれる胴体の筋肉が不足すると、さまざまな不調が起こります。腹筋群が衰えると内臓が全体的に下がってしまい、いちばん下で圧迫される腸の働きが悪くなって便秘を招いたり、よい姿勢を維持するのが辛くなり背骨に大きな負担をかけたりすることがあります。筋肉はエネルギーと共に体熱も作り出すため、筋肉不足になると体温が下がり、女性に多い冷え性も引き起こします。

つまり、筋肉量を増やすことで、脂肪が燃えやすくなり、新たな脂肪もつきにくくなります。食べることを我慢しなくても、ダイエットに悩まずに済むようになるのです。また、なによりボディラインが美しくなります。出るところは出て、締まるところは締まっている、というメリハリボディに欠かせないのが筋肉なのです。
お腹や背中の筋肉は背骨や骨盤を正しい位置に保って、正しい姿勢をキープする役目も果たします。

さらに、筋肉を増やす過程で分泌されるのが成長ホルモン。これは脂肪の分解を促すほかに、美肌効果もあります。新陳代謝を活発にして、肌をつくる細胞を活性化したり、細胞の再生を手助けしたりするのです。つまり、ミトコンドリアも増えていくわけです。

その他、筋肉が増えると身のこなしがスムーズになって、体が軽くなり、疲れにくくなるため、アクティブなりますよね。すると運動の習慣もつきやすくなり、体の中から若返ることができるのです。

若返りや老化を、化粧品だけに頼らず、まずは筋肉をつけ若々しく美しくなりましょう。それにより日本中・世界中が笑顔で満ち溢れるように、そのために、私も頑張ります。皆さんも心身共に健康的で長生きできるように、早速、体作りをしてみてください。

メイクアップアーティスト・メイク講師・スキンケアアドバイザー  益子克彦

世界のビューティステージでは『MASSY(マッシー)』の愛称で名高く、パリ、ミラノコレクションといった美容の最先端で活動してきたテクニックは、有名女優、歌手、モデル等から広く愛され、CM・雑誌撮影、早稲田大学の講師としても活躍中。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube