TOP Beauty diet > Column > すっぴん美人は、あぶらを味方につけている!

すっぴん美人は、あぶらを味方につけている!

2015/08/25

すっぴん美人は、あぶらを味方につけている!

健康や美容を意識する女性は、あぶらを控えがち…。でも、タンパク質の次に体の材料として多いあぶらは、皮脂、肌やホルモンの材料になるとても大切な栄養素です。上手なあぶらの摂り方が、すっぴん美人に近づく秘訣なのです。

油と脂のちがいって知ってる?

どちらも体に必要な油と脂。その違いはご存知ですか?

あぶらには、常温で固まるもの固まらないものがあり、固まるものは肉に、固まらないものは魚や植物に多く含まれます。どちらも体には必要な油です。一方に偏らないようバランスを摂って食べる事が大切です。

●常温で固体の油…バター、ヘット(牛脂)、ラード(豚脂)など動物性油脂
●常温で液体の油…オリーブ油、シソ油、魚油など

今回は、食べても、塗っても美容に嬉しいあぶらについてお伝えします。

食べても塗っても嬉しいココナッツオイルとは!?

食べても塗っても嬉しいココナッツオイルとは

食べて美味しく、塗って美しくなる「あぶら」ご存知ですか?

それは、今はやりの「ココナッツオイル」です。ココナッツオイルは、飲んでも食べても美味しいあぶら。すっぴん美人が毎日使っている、美の秘訣です。

◆塗って美しいココナッツオイル
ココナッツオイルは、分子量の小さい中鎖脂肪酸がたっぷり含まれています。お肌や髪の毛に塗ると、スムーズに浸透します。サラっとした質感が、肌や髪に塗った後のつけ心地がよく、顔から髪の毛、体まで全身の保湿に使用できます。

また、メイク落とし、キレイに焼きたい時のサンオイルとしても使えます。さらに、日焼け、火傷や傷口などの痛みも緩和してくれます。

また、ココナッツオイルを大さじ一杯口にふくみ、10~15分程度くちゅくちゅすれば、口の中の殺菌効果でデトックスにもなるのだそう。歯のホワイトニングにも一役買ってくれるのだとか。

◆ダイエットに嬉しいココナッツオイル
ココナッツツオイルに含まれる飽和脂肪酸は、中鎖脂肪酸をたくさん含むオイルです。体に蓄積せず、すぐにエネルギーへ変換してくれるオイルです。代謝をアップし、体についている脂肪を燃えやすくしてくれる効果もあるため、「痩せるオイル」ともいわれています。

またココナッツオイルは、腸の働きを整えて、体に溜まった便を排便させるため、便秘解消効果もあるようです。肌や髪につける場合は、エキストラバージンオイルを、加熱調理に使う場合は、ココナッツ風味を極力抑えたココナッツオイルをおすすめします。

ココナッツオイルの毎日レシピ

日常使用する加熱調理用の油をココナッツオイルに変えてみませんか?ココナッツオイルは加熱しても酸化しにくいので、加熱調理用に使用するのがオススメです。ココナッツ風味のするエキストラバージンオイルもあれば、ココナッツ風味を極力抑えたココナッツオイルもあります。お好みに合わせてチョイスして下さい。

コーヒーや紅茶にスプーン1杯浮かべて飲んだり、バターやマーガリンの代わりにトーストに塗るなど毎日補給するのがオススメです。

今回は、ココナッツオイルを用いた毎日使えるマヨネーズのレシピをご紹介します。

【ココマヨネーズ】

<材料>
ココナッツツオイル50ml
卵黄 1個分
塩 小さじ1/4
酢 大さじ1
コショウ 適宜
砂糖 1つまみ

<作り方>
ボールに卵黄、塩、コショウ、砂糖、酢を入れてよく混ぜます。
液体のココナツオイルを少しずつ入れながら、よく混ぜ合わせます。
3.固まって来たらでき上がりです。
*お好みでマスタードやカレー粉などを加えてもココナッツの香りとよくあいます。

合わせて『すっぴん美人と笑顔美人はコレステロール値が高かった!?』の記事もぜひご覧ください。

オーソモレキュラー管理栄養士  穴山幸

女子栄養大学卒業後、自身の様々な不定愁訴を分子栄養学の実践で克服。小松川クリニックにて栄養指導(オーソモレキュラー療法)を行う傍ら、分子栄養学の実践アプローチを通じてクライアントの個性を最大限に引き出す活動を行う。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube