TOP Beauty diet > Column > 夏のお疲れBodyデトックス!幸せスリム美人をつくる美Bodyワーク

夏のお疲れBodyデトックス!幸せスリム美人をつくる美Bodyワーク

2015/08/28

夏のお疲れBodyデトックス!

この夏からHealth&Beautyがテーマの一年

夏の暑さや室内との温度差などで体が疲れを感じていませんか?

外気と室内の温度差が大きいと、自律神経の働きが悪くなりやすく、寝不足など体の不調に。さらに、この夏の間、冷たい飲食物をいつもより摂っていたり、暑いからと入浴せず、シャワーだけで済ませるようなことが重なっていくと、冷えが進み、消化不良などからお腹が張ってしまったり、ひどいむくみでボディラインの崩れや体重の増加にもつながります。

このような症状が起きている場合、体が冷え、内臓機能がしっかり働いておりません。内臓機能がしっかり働いてくれないと、便秘にもなりやすく、体内に毒素を溜め込んでしまう状態に。肌荒れの原因にもなります。

占星術でいうと、8月23日から9月24日まで乙女座の時間。そしてちょうどつい先日、“幸運の星”といわれる木星も乙女座に入り、約1年間は乙女座がテーマとなる年なのです。

乙女座が意味するものの一部は、「健康」や「腸」について。心も体もいらないストレスや脂肪を削ぎ落とし、健康的で美しい体を手に入れるにはベストなタイミングです。

特に腸というのは、デトックスには欠かせない器官。自律神経の働きや冷えなどから、腸の働きは左右されてしまいますので、冷えや便秘を抱えている現代人の女性にとって、常に意識しておきたいところです。

今回の美Bodyワークは、腸の働きを活性化し、デトックス効果バツグン!心も体もスッキリ、スリム美人をつくるワークです。

夏のお疲れBodyデトックス!スリム美人をつくる美Bodyワーク

スリム美人をつくる美Bodyワーク

1、安楽座に座ります。
お尻を軽く持ち上げ、お尻のお肉を外側にかき出すようにして坐骨を左右均等になるようにしましょう。右手を身体の後ろの床に置き、左手は右ひざの上に軽く添えます。
※この時重心が後ろに傾かないように、骨盤を起こし、そこから背骨がまっすぐ伸びていくように準備します。

2、鼻から息を吸って背骨を伸ばし、吐きながらウエストから順に身体をねじっていきます。頭が後ろを向いたら軽くあごを引いて、視線は後ろの肩に向け、深い腹式呼吸を5呼吸行います。
この時、吸う息で背骨を伸ばすよう意識し、吐く息で重心が中心であることを保ちつつ、余裕があればウエストのねじりを少しずつ深めていきましょう。
※肩が力まないように気をつけてください。

3、息を吸いながら頭、肩、胸、ウエストの順に正面に戻ります。
吐く息で骨盤を後ろにストンと落として、やさしく背中を丸めリラックス。体の左右差を感じましょう。反対側も同様に行います。背骨を気持ちよくツイストし、自律神経を刺激し活性化させます。
※捻じった体で腹式呼吸を行うことで、ウエストのシェイプアップ効果や消化機能の働きを促進し、便秘改善やデトックス効果も得られます。

健康な心身は、幸せな毎日を過ごすための土台です。余計なものをそぎ落とし、すこやかでシャープな美しいボディラインと、よりよい日々を手に入れましょう。

合わせて『美肌&代謝UP!秋の美Bodyメイク』の記事もぜひご覧ください。

Beauty&Health Contents Producer  高柳真美

Office Willow代表。ヨガ写真集や雑誌、TVなどで活躍。プライベートサロンの経営、インド・アメリカ・日本各地にて、ヨガ&マクロビオティックの指導実績を持つ。現在はライフスタイルコンサルテーションやセミナー講師、コンテンツプロデューサーとして幅広く活躍中。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube