TOP Beauty diet > Column > 『マシュマロボディ』を手に入れる“3つのアレ”&遠ざける“3つの悪習慣”

『マシュマロボディ』を手に入れる“3つのアレ”&遠ざける“3つの悪習慣”

2015/09/30

これがマシュマロボディを遠ざける!?3つの習慣で美ボディをつくる!

女性の魅力のひとつに「抱き心地のよさそうなボディ」があります。ふわふわしていて、抱きしめたら気持ちよさそうな、あの感じ。肌が柔らかくて、ぷにっとしていて、プルンと跳ね返ってくるような、弾力とハリとふわふわ感を持ち合わせた肌を「マシュマロボディ」と呼んでいます。

自分の体にコンプレックスがある女性が多い世の中ですが、女性は本来、ふわふわした気持ちのいいマシュマロボディの持ち主です。ですが、無理なダイエットや日々の姿勢や歩き方、日焼けや肌荒れにより、もともとの美しいマシュマロボディから遠ざかってしまっている人も多いのです。

では、どんな習慣が、マシュマロボディを遠ざけているのでしょうか?自分の日常とあてはめながらチェックしてみてください。

こんな習慣が”非マシュマロ化”させてしまうかも!

マシュマロボディをめざすための一番の物差しは、「女性らしさ」。男性っぽい肌や姿勢にならないよう、要注意です。

1)無茶なダイエット
「余分なお肉を落とす」程度のダイエットならよいですが、それをはるかに超えた無茶なダイエット行為はNGです。気持ちよさそうなマシュマロボディを目指すためには、女性特有のほんのり脂肪が乗った可愛らしさや、女性特有のプニプニ感が大切。過度なダイエットは、それを奪ってしまいます。女性の体には、柔らかさが必要です。

とは言え、痩せたい願望がある女性も多いと思いますので、ダイエットをするときは「自分が思っているよりひと回り分、ふっくらしていていた方がいい」くらいのイメージを持つといいと思います。

2)いつも姿勢が悪い
ひとことで表現すると、目指したいのは「女性らしい姿勢」です。女性の立ち姿は、「S字ライン」がベスト。男性の腕が回った背中側から触ったときのウエストのくびれ、その下にゆるやかに続くお尻の丸み、そして、胸の柔らかさが美しいS字を描いていることがベストな状態です。

これは、美しさの観点でいっても、抱き心地のよい体づくりの面いっても同じことが言えます。背中が丸かったり、がに股になっていたりと、疲れたオジサンみたいな姿に。さらに、ウエストも寸胴、お尻もぺったんこともなると、いかにも男性らしい体つきや姿勢になってしまうのです。

3)日焼けしすぎた肌
ゴルフやスポーツでこんがり焼けた男性は素敵ですが、女性の日焼けはNG。シミも隠れてわからないほど真っ黒に日焼けするのは、美肌面から見てもできるだけ避けた方がよいでしょう。ある程度、健康的な小麦色の肌は魅力的だと思いますが、それを通り越してしまうと、マシュマロボディからはかけ離れてしまいます。「触ったらふわふわで、柔らかそうな肌」というイメージから遠ざからない程度の日焼けにとどめましょう。

毎日の美肌対策で、めざせマシュマロボディ!

マシュマロボディをキープする一番のポイントは

”非マシュマロ化”させてしまう習慣がわかったところで、次はマシュマロボディになるために、どんな習慣を身につければよいかを見ていきましょう。

1)バランスのよい健康的な食事
食べすぎもダイエットのしすぎもNG。健康的な食欲を保つようにしましょう。ちなみに、女性の食欲が一番乱れる原因といわれているのがストレスです。ストレスを感じないような工夫をして、夜はリラックスできる環境をつくる、夜は23時にはベッドに入って眠るなど、自分をくつろげる状態に置いてあげてください。

2)固いところはほぐす
悪姿勢の一番の原因は凝りです。凝りが原因で、筋肉が引っ張られると、美しい姿勢をキープできなくなってしまいます。筋肉を鍛えることも重要ですが、体のしなやかさや柔らかさを保つのも重要です。肩、腕、背中、腰などストレッチしたりセルフマッサージしたりしながら、全身をほぐしていきましょう。

3)美白をめざせ!日焼け対策
日傘やグローブなどで神経質に対策をする必要はないと思いますが、紫外線が降り注ぐ時季にノーガードなのは、女性にとって危険な行為。肌が乾燥したり、実際にシワが増えたりと、問題ばかりを引き起こしてしまいます。適切な紫外線対策で、美肌をめざしましょう。

マシュマロボディをキープする一番のポイントは

柔らかくて美しいマシュマロボディをキープするコツ。それは、毎日自分の体を自分で触って、愛でてあげることです。腕や太もも、お腹やお尻などを、ぜひ自分の手で触ってみてください。洋服を着こなした「完成図」を鏡で見るだけでは、自分の体の状態はなかなかわかりません。

できれば鏡に裸の自分を全身映して観察し、肌を自分で触ってあげてください。自分の体を「わたしってキレイだな」と思い、愛する女性こそ、人にも愛してもらえるのです。

合わせて、『思わず触りたくなる!ふわふわ「マシュマロ肌」のつくりかた』の記事もぜひご覧ください。

艶々ビューティー研究家  岩本和子

美はお肌磨きやボディケアといった表面的なことだけではありません。他人に流されず、自分を可愛くて幸せなオンナと思い込む、ポジティブ&ある意味鈍感なマインドで、心の中から自信を持って艶々楽しく過ごしましょう。そのためのビジュアルとマインド、どちらも艶々になる美容法をご提案させていただきます。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube