TOP Beauty diet > Column > 牡羊座の時間と新たな1年のスタート&目力UP美Bodyワーク

牡羊座の時間と新たな1年のスタート&目力UP美Bodyワーク

2016/03/19

main

牡羊座の時間の始まりと春分。新たな1年のサイクルのスタート

3月20日は春分の日。太陽黄経は0度。二十四節気の一つで、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになる日です。この日から約1か月間、太陽は牡羊座の時間を過ごします。牡羊座は12星座のトップバッターの星座で「誕生と成長」を意味します。このスタート地点を意味する春分の日は、西洋占星術の考えでは「1年のスタート」となる大事な節目の日。先月も旧正月を迎えましたが、この2月、3月頃というのは実は自然界では“1年の節目”ということになります。

春分の日を迎えるまでのこの数日間は、これまでの1年間を振り返って反省や見直し、精算を行い、新しい年に向けて計画を練るタイミングです。部屋の掃除や不要となったもの(特に古い洋服)の処分なども、春分の日までに行っておきましょう。そして春分の当日は、新たな自分を築き上げるスタート地点。「どんな自分になりたいのか?」というイメージを持ってこの日を迎えましょう。そうした意識がイメージする自分へと近づく第一歩です。また、この日から新しいことをスタートさせたり、そのために必要な準備を始めたりするのにもいいタイミングです。

牡羊座の時間の美Bodyワーク

牡羊座の部位は『頭、目』。スタートダッシュの星座らしく、体のてっぺんとなる頭部です。12星座の1番目の牡羊座=「頭」と体の一番高い場所から始まり、2番目の星座の牡牛座は「首」…というように、各星座の体の部位は体の下へと順に進んでいきます。そして最後の12番目の星座の魚座は「足」。体の一番下の部分で締めくくります。

ですので、約1か月ごとに移動し、1年で12星座を一巡する太陽の星座の体の部位を集中してケアしていくことで、1年間で全身の部位のケアができます。ちなみに、月は約1か月で12星座を一巡するので、月の星座の移動に伴ってボディケアを行えば1か月で全身のケアができます。

さて、牡羊座の部位についてですが、特に「目」は、現代人がデスクワークやスマホで日々酷使する箇所ですが、ケアは疎かにしがちです。目が重い、しょぼしょぼする、かすむ…といった症状は、目の周りの筋肉の疲労から。これは、肩や首のコリにも繋がります。パソコンやスマホの画面を長時間見ていると、同じ力が目にずっとかかっている状態なので、目の周りにある筋肉が緊張した状態に。それにより、血行障害が起き、こうした症状が起こる要因になります。目の疲れを放っておくと、まぶたが下がってきたり、目元にシワができたり、くすんできたり…と美容の大敵!

しかし、目の周りの筋肉の疲れが和らげて、血行が促進されれば、目の疲れが改善し目元がパッチリと明るくなり、目力もUPします。とても簡単で仕事の合間にもできる目力UPの美Bodyワークのご紹介です。

1、顔は正面に向けたまま動かさず、目線だけ上に向け、3秒キープ。
2、同じく顔は動かさないまま視線だけ右に向け、3秒キープ。
3、同様に、視線だけ下に向け、3秒キープ。
4、同様に、視線だけ左に向け、3秒キープ。
5、同じ動きをあと2回行う。
6、同様に反対回しで3回行う。

※時間がない時は1回ずつでもOK。
※慣れてきたらキープ時間を5秒にしてみましょう。

眼球を上下左右にまんべんなく動かすことで筋肉の緊張が和らいで血行がよくなり、目の疲れが解消できます。簡単な動きですが、行った後すぐに目元の違いを感じるでしょう。寝る前に行うと目の疲労回復に大変役立ち、朝のメイク前に行うと目元がスッキリするのでアイメイクもスムーズに。

また、お家でのケアはホットタオルなどで温めてあげるのもおすすめ。もっと簡単に行いたい方は、手をこすり合わせて温めた手で目を10秒間くらい覆ってあげるだけでも、一時的に目の疲れは緩和されます。

その季節やそのときの自分のコンディションに合わせ、少しの時間でも日々継続してボディケアを行うことが、心身をすこやかに保ち、美を高めていくポイントです。新たな1年のサイクルのスタートである牡羊座での時間。自身の成長と、新たな自分を築き上げるための大事なスタートダッシュは、スッキリとした顔立ちで心地よい走り出しにしましょう。

あわせて、『心の癒しを大事にする魚座の時間と、むくみ解消&美脚をつくる美Bodyワーク』の記事もぜひご覧ください。

Beauty&Health Contents Producer  高柳真美

Office Willow代表。ヨガ写真集や雑誌、TVなどで活躍。プライベートサロンの経営、インド・アメリカ・日本各地にて、ヨガ&マクロビオティックの指導実績を持つ。現在はライフスタイルコンサルテーションやセミナー講師、コンテンツプロデューサーとして幅広く活躍中。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube