TOP Beauty diet > Column > 新しく美しい私へ…春&欠けゆく月のデトックスビューティー

新しく美しい私へ…春&欠けゆく月のデトックスビューティー

2014/03/28

春は最高のデトックスシーズン

デトックス

五行で春は解毒の季節。春の臓器で解毒を促す肝がよく働き、冬の間に溜め込んだ毒素やストレスなどの排出が進みやすくなります。そのため、体調を崩しやすい方も出てくるでしょう。吹き出物や鼻水、せき、くしゃみなど「出す」症状で不調が現れた場合は、体内の浄化作用が働いている証拠。上手くその症状と付き合いながら養生することが大切です。

自分でできるセルフケアとしては、

・よく噛み、食べ過ぎを防ぐこと。(腹7〜8分目を心掛ける)

・油の摂取量を調整(摂取し過ぎの場合は減らしましょう)

・強い加熱料理(オーブン焼き、長時間の煮込み)から、加熱時間の少ない料理(さっと炒める、茹でる、蒸すなど)を選択する。

・緑色の春野菜や山菜などをいただく。

・春の味「酸味」のあるものや発酵食品(酢、味噌、醤油、納豆など)を積極的にいただく。

体内に入れるものが多くて重ければ、その分デトックス能力が落ちますので食材も味付けも量も軽めがポイント。少し物足りないくらいがちょうど良いです。そして旬のもの、旬の味が身体を養生します。日本風土を活かし古来より受け継がれた発酵食品も、腸の働きを良くしデトックス&美肌効果が高まります。

食べ物だけでなく、日常生活でも軽さがキーワードです。外に出掛けて太陽の光を浴び、寒さで縮こまり循環の悪くなった身体を気持ち良く伸ばしたり、動かしたりしてあげましょう。

欠けゆく月〜新月のデトックス効果で、新しく美しい私へ

ちょうど今は新月に向かう欠けゆく月の期間(次の新月は3月31日)。2014年3月に関しては前回のコラムにも掲載させて頂いた通り、2回も新月が訪れる貴重な時です。春のデトックス効果も後押ししてくれますので、今回の新月までの期間は摂取より排出を意識しましょう。

・少食を心掛け、夜遅くの飲食を控える。

・お肌は保湿よりも古い角質除去を。

・ヨガやウォーキング、呼吸法など、身体の緊張や関節を緩め優しく体内循環を促す。

・マッサージを行い、排出作用を強める。

・入浴などで汗をたっぷりかき水分補給をしっかり行い、体内の水分循環を良くする。

など行うことで身体も心もスッキリし、くすみのない明るいお肌へと変わります。

土台に古いものが蓄積されていて調っていなければ、いくら良いものを入れても活かすことができません。まずは出す、そして今の自分の身体に合う良質なものを入れる。この常に出して、入れるの循環を意識することが、美しく健やかな身体と心をキープすることに大切なことです。

また、これらのケアを行う際、美しい私をイメージしましょう。月=心や女性性。外側だけを取り繕うのではなく内側(心)に働きかけることが、より月のリズムに乗るポイントです。女性らしい美しさをとは月のような穏やかさ、優しく包み込むような輝きを意識すること。

この月と五行のリズムに乗り、浄化プロセスを歩んでいくと新たなスタートの時である新月が訪れる頃には、新しく美しい私で素晴らしいスタートを迎えることができます。

Beauty&Health Contents Producer  高柳真美

Office Willow代表。ヨガ写真集や雑誌、TVなどで活躍。プライベートサロンの経営、インド・アメリカ・日本各地にて、ヨガ&マクロビオティックの指導実績を持つ。現在はライフスタイルコンサルテーションやセミナー講師、コンテンツプロデューサーとして幅広く活躍中。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事