TOP Beauty diet > Column > 味覚の秋! 乱れがちなホルモンバランスを整えるおすすめ食材

味覚の秋! 乱れがちなホルモンバランスを整えるおすすめ食材

2016/10/28

味覚の秋! 乱れがちなホルモンバランスを整えるおすすめ食材

うだるような夏の暑さが過ぎ去り、涼しく過ごしやすい気候になる秋。
しかし、秋は自律神経が乱れやすく、ホルモンバランスが崩れがちな季節でもあります。
今回は、秋にホルモンバランスが乱れてしまう理由と、予防のために食べたい旬の食材をご紹介します。

秋はホルモンバランスが崩れやすい?

秋の初めは、残暑を引きずった暖かい日と涼しい日で、気温に大きな差が生まれます。
夏の習慣のまま、ついつい薄着で過ごしてしまったり、冷たい飲み物を飲み過ぎてしまったりすることも少なくありません。すると、体が冷え、内臓の機能低下や血流の悪化を招くことに。
また、雨や台風が多いのもこの時期の特徴です。気圧の変化の激しさゆえに、頭痛やめまいを起こす人も多くなります。
秋は、これらの原因が重なって自律神経が乱れがちになり、女性ホルモンのバランスまで崩れてしまうのです。

女性におすすめの「秋の味覚」

旬の食材は、ただ美味しさが増すだけではなく、栄養分も豊富。
その中でも、女性ホルモンの分泌を助けてくれる食材は以下の通りです。

・サンマ
秋の食材の代表とも言えるサンマには、血流を促し、女性ホルモンの分泌を活発にする効果があります。
その理由は、サンマに含まれる「EPA」「DHA」といった栄養分。中性脂肪を下げる働きがあり、血管を柔らかくしなやかにすることで血行を促進し、冷えの改善をサポートしてくれます。
また、豊富な「ビタミンB6」は、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」の代謝アップが期待できます。

・ザクロ
普段はあまり食する機会のないザクロですが、実は、女性の体に嬉しい働きが数多くあります。
「ミネラル」や「ビタミン」「タンニン」といった美容に欠かせない成分だけでなく、女性ホルモンとよく似た働きをする「植物性エストロゲン」が豊富に含まれているのです。
この時季、多くの女性を悩ませるむくみや冷えの改善に加え、ホルモンバランスを整えるためにはぜひ食べておきたい果物です。

・イチジク
妊活フルーツとして知られるイチジクも、夏の終わりから秋にかけて旬を迎えます。
ザクロと同様、植物性エストロゲンが豊富に含まれているため、美容効果は抜群です。
また、メラニンの生成を抑える働きを持つ「アルブチン」や「エラグ酸」も含んでおり、夏の日焼けが気になる女性は、積極的に摂取してみるとよいかもしれません。

・ぶどう
ポリフェノールが豊富なことで知られるぶどうには、「ホウ素(ボロン)」と呼ばれる成分も含まれています。ボロンは人間の体に欠かすことのできないミネラルの1種で、エストロゲンの分泌を高める効果で有名です。
ポリフェノールによる抗酸化作用、そしてボロンのホルモン分泌促進作用によって、若々しさを保ち、女性らしさをアップしてくれます。

いかがでしたか?
自律神経とホルモンバランスが乱れがちな秋は、栄養豊富な旬の食材を食べて、女性ホルモンの働きやバランスをサポートしてあげましょう。
ただし、なにごとも過ぎたるはなお及ばざるが如し。食べ過ぎには十分に注意して、秋の味覚を楽しんでください。

女性ホルモン美容研究家  申弘美

外資系、大手企業でマーケティングディレクターとして24年間、金融から通販、高級消費財まで多くの業界に携わった経験、自身の肌トラブルの経験を生かし、女性ホルモンバランスとお肌の関係に着目したエイジングケア基礎化粧品「シンリーボーテ」を立ち上げる。 企業にいては成し得なかった 「お客様の立場に立って」という信念のもとに、常に顧客目線で考えることをモットーとしている。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube