TOP Beauty diet > Column > 下半身太り、憂うつ気分からも脱却!上半身筋トレのススメ

下半身太り、憂うつ気分からも脱却!上半身筋トレのススメ

2014/04/18

全身のバランス、とれてますか?下半身太りになる原因

筋トレ

「脚に肉がついて、脚ばかりが太くなってしまう…」とお悩みの方は多いと思います。むくみや冷え性も原因の1つですが、主には身体の使い方に根本的な原因があると考えられます。

また女性に関して言えば下半身の筋肉量は男性の6〜7割ですが、上半身の筋肉量は男性の4割しかないと言われています。一般的に、女性は上半身が弱いのです。

さらに歩く時や走る時、またはスポーツをする時、脚ばかりを使っているとやはり脚ばかりに筋肉がついてしまい、ますます全身のバランスが悪くなってしまいます。その結果、いわゆる「下半身太り」になってしまうのです。

歩く、走る、全ての動作は全身を意識して

普段ダンスのレッスンをしていても、上半身を上手く使えている方はなかなかいません。実はダンサーにとっても上半身が上手く使えるかどうかということは、上達への大きなキーポイントになるのです。

オリンピックの陸上選手でメダリストの方をレッスンしたことがありますが、この方に関してはやはり身体意識がズバ抜けていて、素晴らしいバランスをお持ちでした。上半身をきちんと使うことができれば脚への負担は大きく減り、驚くほど軽々と動くことができるのです。

例えば自転車を漕ぐという動作でも、しっかりハンドルを握って上半身を使いながら漕げば全身を使うことができます。その結果、脚への負担を大きく減らすことができます。

全ての運動は全身がトータルコーディネートされて、バランス良く使われていることが大切なのです。

上半身を鍛えてバランスの良いボディに!

下半身太りを解消するためにはもちろん、健康のため、美しさのためにも、上半身を鍛えましょう。まずは気軽にできるダンベルトレーニングの一部をご紹介します。水の入ったペットボトルでも代用できます。慣れてきたらウエイトを重たくしていきましょう。

○ダンベルトレーニング1○

まずはヒジを曲げて耳のすぐ横にダンベルを持ち、真上に上げてみましょう。この時、腕は上げても肩は上がらないように気をつけます。左右10回ずつ2セット、上げ下げを繰り返しましょう。

○ダンベルトレーニング2○

次に両手にダンベルを持ち、腕を身体の横に降ろしているところから両手同時に床と水平になるところまで前面に持ち上げます(前に習え、のポーズになります)。この時も肩が上がらないように気をつけます。10回ずつ2セット、上げ下げを繰り返しましょう。

※骨盤周りやお腹をキュッと引き締め薄く保つようにします。動きのなかで肩を身体に引き寄せることがポイントです!他にも様々な動かし方にチャレンジしてみてください。

また、上半身の最強トレーニングと言えるのは懸垂です(女性の方は、まずは斜め懸垂をオススメします)。肩甲骨を引き寄せ、胸を開く懸垂は全身のバランス向上にも繋がります。余裕のある方はぜひチャレンジしてみて下さい。

日常生活の中で意識していきましょう

トレーニングで上半身のトーンを意識することができたら、日常生活にも応用していきましょう。肋骨を持ち上げ肩を降ろし、脇に何かを挟んでいるような感覚が上手く上半身を使うポイントです。

歩く時はみぞおちが前に引っ張られるように意識し、それにつられて脚を出して行くようにしましょう。全身のバランスが整えられスタイルが良くなるだけでなく、筋トレ効果により気分爽快、憂うつ気分からも解放されます!ぜひチャレンジしてみてください。

ダンサー・プロポーショントレーナー  奥原怜美

お肌を元気にするには、ダンサーのような衰え知らずのボディを作ることをお勧めいたします。そのようなボディの上にこそ美しいお肌は生きてきますし、また、美しいお肌を作っていくことができます。普段の立ち振る舞いから意識して、美しいボディを作り上げて行きましょう!



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube