TOP Beauty diet > Column > 歯の矯正はワイヤーだけじゃない!その種類と特徴とは?

歯の矯正はワイヤーだけじゃない!その種類と特徴とは?

2017/11/24

歯の矯正には、いくつもの種類があります。これらは、目的、治療期間などによって選ばれます。まずは、それぞれの特徴とデメリットを知ることで、目的に合った矯正方法を選びましょう。

ワイヤーを使った矯正にも3つの種類がある

ワイヤーを使った矯正装置には、1世紀ほどの長い歴史があります。そのため、たくさんの症例があるといった特徴があります。

ブラケットの装着は表側(唇側装置)と裏側(舌側装置)、上は裏側に着けて下は表につけるコンビネーションの3パターンがあります。

引用:ヘルスケア大学

ワイヤーを使った矯正装置は、歯にブラケットと呼ばれるワイヤーを固定する部品を取り付けます。このブラケットを、歯の「表側」に取り付ける、歯の「裏側」に取り付ける、上は裏側で下が表側に付ける「コンビネーション」の3つの方法があります。

歯の表側に取り付けるものは、目立つというデメリットがありますが、矯正にかかる期間が短いのが特徴です。歯の裏側に取り付けるものは、目立たないというのが特徴になります。ただ、矯正にかかる期間が長くなるというデメリットがあります。

費用の面では、裏側に取り付けるものが高額になります。コンビネーションは、上の歯だけ裏側に取り付けることで、費用の面でメリットが生まれます。

インビザライン法は、虫歯の心配が少ない

インビザライン法とは、マウスピースを使った矯正方法です。

マウスピースは歯が動いていくに従って、新しいものを作り直して装着するということを繰り返し、徐々に理想の歯並びに近づけていきます。

引用:ヘルスケア大学

この方法の特徴は、ワイヤーやブラケットが無いので、虫歯の心配が少なく目立たないということでしょう。デメリットとしては、長い時間外していたり、使わなければまったく効果がありません。人前に出ることが多く、矯正をしていることを知られたくないという方にはおすすめの方法と言えるでしょう。

セラミック法は、期間が短いのが特徴

セラミック法とは、歯を削ってセラミックを被せて歯並びをきれいにする方法です。

そんなセラミック矯正のメリットは、なんと言っても痛みがほとんどなく、短期間できれいな歯並びになるということ。

引用:ヘルスケア大学

この方法のデメリットは、歯を削るということです。歯並びの状態によっては、抜歯をすることもあります。一方で、他の方法に比べて矯正の期間が短いことがメリットになります。さらに、歯の色を変えることもできますから、歯の色に悩んでいる方におすすめの方法と言えるでしょう。

目的に合った矯正方法を選びましょう

矯正にはご紹介した以外にも、外科法などがあります。それぞれに特徴とデメリットがありますが、歯並びやかみ合わせの状態によっては、選べない方法もあります。まずは、矯正の専門医にご相談されることをおすすめします。

  スキンケア大学編集部

女性の肌を中心とした美容・健康の悩みを解消し、毎日を健やかにイキイキと過ごすための情報を日々発信する編集部です。



シェア Google+

関連記事

P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube